メインバンク

メインバンク”に関する経済レポート一覧:545

 ■長野県内メインバンク調査(2022年) ~県内メインバンクシェア、1位は「八十二銀行」で53.35%。来年6月に経営統合を予定する「長野銀行」と合わせると61.62%に

 ■第13回 宮城県内企業のメインバンク実態調査~七十七銀行、5割強のシェア。上位8行までを地元金融機関が占める

 ■神奈川県メインバンク動向調査(2022年)~横浜銀行がシェア20%超え、調査開始以来13年連続トップ。ネット銀行のシェアが伸長

 ■四国地区 メインバンク動向調査(2022年)~シェアトップは「伊予銀行」、唯一2割を超える。各県のシェアトップは、それぞれの県に本店所在の「地方銀行」

 ■広島県 メーンバンク実態調査(2022年)~トップの広島銀行、シェア37.46%。上位20位中、6つの金融機関がシェアを拡大

 ■中国地方 メーンバンク実態調査(2022年)~広島銀行が13年連続トップ、シェア16.15%。上位30位中、17の金融機関がシェアを拡大

 ■岡山県 メーンバンク実態調査(2022年)~トップの中国銀行、シェア46.61%。上位20位中、7つの金融機関がシェアを拡大

 ■山口県 メーンバンク実態調査(2022年)~トップの山口フィナンシャルグループ、シェア59.56%。上位20位中、7つの金融機関がシェアを拡大

 ■鳥取県 メーンバンク実態調査(2022年)~トップの山陰合同銀行、シェア48.52%。上位15位中、8つの金融機関がシェアを拡大

 ■島根県 メーンバンク実態調査(2022年)~トップの山陰合同銀行、シェア61.97%。上位15位中、7つの金融機関がシェアを拡大

 ■第20回兵庫県メインバンク調査~みなと銀行が企業増加数で最多。大手行の企業数・シェア減少続く

 ■京都府内企業のメインバンク実態調査(2022年)~調査開始以来、13年連続で京都銀行が首位。「京都市内」「建設業」「不動産業」は京都中央信金が首位

 ■三重県内企業のメインバンク動向調査(2022)~県内メインバンクシェア、百五銀行が45.52%でトップ。上位4位までは地元金融機関、シェア合計83.47%

 ■第14回大阪府下メインバンク調査(2022年)~メガバンク離れが加速。脱コロナで問われるメインバンク

 ■全国企業「メインバンク」動向調査(2022)~「ネット銀行」急伸、10年で5倍 楽天銀行は初の1000社。全国シェアトップは三菱UFJ銀行

 ■信金中金月報 2022年12月号~地域金融機関の創業支援と地域経済 / インターネット専業銀行等の状況について / 中小企業の実情と新たな取組み...

 ■同友会特別調査報告:コロナ禍における中小企業の金融に関する特別調査

 ■データを読む:「ネット銀行がメインバンク」が10年で5倍

 ■個別企業データを活用したメインバンク変更動向の実態把握

 ■危機からの出口に何が必要か 金融支援返済へ収益力改善

 ■第214回 信用保証利用企業動向調査(2022年7-9月期実績、10-12月期見通し)~信用保証利用企業の資金繰りは、やや悪化している。景況は、持ち直しの動きに一服感が見られ、厳しい状況が続いている。

 ■公金事務手数料問題で迫られる 地域金融機関と地方自治体の連携関係の再構築

 ■指定金融機関の分布地図からみる地域経済圏あるいは金融勢力圏~地銀が6割を占めるが、都市銀行や信金、農協の存在感が高い地域も:金融・証券市場・資金調達

 ■データを読む:宮崎銀行、取引先の「増収増益率ランキング」2年連続トップ(前編)増収増益への支援の秘訣

 ■データを読む:宮崎銀行、取引先の「増収増益率ランキング」2年連続トップ(後編) 一身独立、統合せず単独で経営していく

 ■道内メーンバンク調査(2021年)~北洋銀行が13年連続してトップに。業態別では信用金庫が35.94%でトップ

 ■データを読む:全国155万3,601社の“メインバンク“調査 「りそなHD」 みずほFGを逆転しシェア3位に

 ■(中小企業事業再生・廃業調査事業(事業再生rebranding事業))政策デザイン提言

 ■企業アンケート調査の結果(対象:地域金融機関等をメインバンクとする中堅・中小規模企業)

 ■金融機関の取組みの評価等に関する企業アンケート調査

 ■九州・沖縄地区のメインバンク調査(2022年3月調査)~福岡銀行、12.8%で6年連続トップ。十八親和銀行の長崎県内シェア率84.8%と高水準を保つ

 ■新潟県内企業「メインバンク満足度/対応状況」調査~新潟県内533社へのアンケート メインバンク満足度、評価点は7.26点。担当者の訪問回数、信金・信組が全体を牽引、経営上の課題は「人材育成」がトップに

 ■地域金融推進レポート2021~地域密着型金融の推進によりコロナ禍を克服した先の『選ばれる青森県』の実現へ向けて

 ■第5回奈良県内企業メインバンク調査~南都銀行がシェア6割超、トップ堅守。2位は大和信金、3位は奈良中央信金で社数・シェアともに伸長

 ■ポストコロナにおける金融機関による企業支援の課題~2021年企業アンケート結果を基に

 ■群馬県内企業「メインバンク」動向調査~「群馬銀行」の県内シェアは46.28%で圧倒的。全国では16位となるが、社数・シェアともに減少

 ■和歌山県内企業メインバンク調査~紀陽銀行が全地域、全業種でシェアトップ。第2位はきのくに信金、上位2行でシェア8割

 ■山形県内企業のメインバンク実態調査~山形銀行がシェア34.36%でトップ。地元地銀3行で76.07%のシェアを占める

 ■栃木県内企業のメインバンク実態調査(2021年)~足利銀行12年連続で首位。栃木銀行3年連続でシェアアップ、群馬銀行も存在感

 ■長野県内メインバンク調査(2021年)~県内メインバンクシェア、1位は「八十二銀行」で53.29%。9位まで県内に本店を置く2地銀・6信金・1信組が占める

 ■新潟県内企業「メインバンク」動向調査(2021年)~第四北越銀行、合併で県内シェアは56.50%と圧倒。県内1万7537社がメインバンクとして認識

 ■岩手県内企業のメインバンク実態調査~岩手銀行、シェア43%でトップ。上位3行は地元銀行、シェア合計75%

 ■第10回秋田県内企業のメインバンク実態調査~秋田銀行、シェア5割でトップ。秋田銀行、北都銀行の地元地銀でシェア8割

 ■大分県メインバンク動向調査(2021年)~トップの大分銀行はシェア51.00%。豊和銀行、大分みらい信金は前年からシェア拡大

 ■四国地区 メインバンク動向調査(2021年)~シェアトップは「伊予銀行」、唯一2割を超える。各県のシェアトップは、それぞれの県に本店所在の「地方銀行」

 ■よりよい銀行づくりのためのアンケート(報告書)2021年12月

 ■第12回 宮城県内企業のメインバンク実態調査~七十七銀行が5割を超えるシェア。上位8行までを地元金融機関が占める

 ■茨城県内企業のメインバンク動向調査(2021年)~県内企業のメインバンク、「常陽銀行」がトップ。「筑波銀行」も年商10億円未満の企業を中心に手堅くシェアを保持

 ■神奈川県メインバンク動向調査(2021年)~横浜信金シェア伸長、増加社数は全国3位。シェアトップは12年連続の横浜銀行

 ■第19回兵庫県メインバンク調査~引き続き信用金庫、地方銀行がシェアを伸ばす。但陽信金が企業増加数最多 ~

:  1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
終身雇用 ペルー経済 OECD景気先行指数 コロンビア 中米 スペイン経済 韓国経済 イギリス経済 グローバル経営 アジア経済 官民連携 国民負担率 情報通信技術  ICT産業 モチベーション マネジメント 業界再編 投信販売 ヘッジファンド規制 ストレステスト 土壌汚染対策法 商店街 活性化 長時間労働 ソーシャルイノベーション 金型産業 TFP 北海道経済 青森県経済 再生可能エネルギー 次世代育成支援 グリーン物流 成年後見制度 ユビキタスネット社会 IFRS 国際財務報告基準 国際標準化 エコポイント コンビニエンスストア M&A市場 中小企業 M&A 企業パフォーマンス 中国 社会保障 地域公共交通 電子部品 ユビキタスネットワーク 知財戦略 大きな政府 基軸通貨 投資銀行 在宅勤務 地域振興 商業施設 消費者保護 介護休業 メインバンク モバイルコンテンツ 人材育成 能力開発 輸出依存度 外需主導 外需依存 高齢者世帯 単身世帯 カーボンオフセット EU-ETS 市場メカニズム 産業政策 人口減少時代 スマートグリッド メガリージョン SDR 地熱発電 サービス経済化 石油化学 海水淡水化 電子記録債権 日本企業の課題 グローバル展開 国際展開 クレジットユニオン 預金保険制度 金融規制改革 役員報酬 コスト削減 製薬産業 輸出産業 法人事業税 住宅政策 ロシア市場 グローバル戦略 地域産業活性化 新しい公共 BOP 子ども手当 気候変動対策 新興国市場 バイオディーゼル インド市場 児童手当 和諧社会 商品開発 百貨店業界 環境政策 交通政策 通貨政策 アルゴリズム取引 BOPビジネス 温暖化対策 米国 温暖化対策 欧州 温暖化対策 民主党 経済政策 中国企業  経済リポート,無料レポート

 
お奨めビジネス書