政策保有株式

政策保有株式”に関する経済レポート一覧:46

 ■2017年株主総会の分析とコーポレート・ガバナンスの動向

 ■企業統治と安定株主~持ち合い解消へ税優遇も

 ■増配や相談役・顧問制度の廃止を求める株主提案への議決権行使結果を考察:Short Review

 ■企業統治と安定株主 持ち合い解消へ税優遇も

 ■政策保有株式見直しを契機とした攻めのバランスシート改革:コーポレートガバナンス・コードがもたらすマネジメント改革の新潮流

 ■企業内容等の開示は機能しているか?~より具体的な保有目的開示に期待する:基礎研レポート

 ■「『責任ある機関投資家』の諸原則 ≪日本版スチュワードシップ・コード≫ ~投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために~」の改定に関する提言

 ■シリーズ:企業価値向上のためのコーポレートガバナンス 2015~16年における主要企業のCGコード対応 ~TOPIX Core30採用銘柄に見る初期対応から総会対応の変化

 ■コーポレートガバナンス Overview 2016~企業価値向上への取組みと今後の課題

 ■3メガバンク、地方銀行・第二地方銀行の保有株式に関する特性分析

 ■従業員持株会への期待は企業業績にプラスの効果をもたらすか?:ニッセイ年金ストラテジー
掲載日:2016-08-04 発表元:ニッセイ基礎研究所
キーワード:従業員持株会 | 安定株主 | 奨励金 | 政策保有株式 | 株式持ち合い | 企業業績...

 ■平成28年株主総会 財務会計に関する対応と留意事項
掲載日:2016-05-31 発表元:新日本有限責任監査法人
キーワード:株主総会 | 政策保有株式 | 資本政策 | 税効果会計 | 財務会計 対応 | 留意事項...

 ■金融システムレポート(2016年4月号)~金融システムの機能度、金融システムの安定性、マイナス金利付き量的・質的金融緩和と金融システム...

 ■個人株主を重視する時代に

 ■法律・制度 Monthly Review 2016.3 法律・制度の新しい動き
掲載日:2016-04-20 発表元:大和総研
キーワード:法律・制度 Monthly Review | 法律 | 制度 | CGコード開示 | 政策保有株式 方針 | 

 ■コーポレートガバナンス 企業価値向上のためのポストCGコード対応

 ■シリーズ:企業価値向上のためのコーポレートガバナンス 政策保有株式の検証に関する実務

 ■CGコード開示の動向(3) 政策保有株式に関する方針等の現況~説明内容は依然不明瞭も、一歩前進 “Nothing will come of nothing”:証券・金融取引の法制度

 ■企業が本格化するSSコード及びCGコードにどのように取り組むべきか~カプコン小田副社長に訊く(後編):<実践>コーポレートガバナンス
掲載日:2016-02-11 発表元:大和総研
キーワード:カプコン | CGコード | 機関投資家 | 金融機関 政策保有株式 | 敵対的買収 | IR活動...

 ■地域銀行のガバナンスに変化が現れるか?:2016年の日本経済を読む

 ■開示後に求められるコーポレートガバナンス・コード対応~特に注目度が高い原則の取り組みにおける重要ポイント
掲載日:2015-12-02 発表元:EY総合研究所
キーワード:政策保有株式 | 情報開示 充実 | 役員報酬 | 取締役会 実効性 | 役員トレーニング | 

 ■株式持ち合い解消後を占う~持合比率によって変わること、変わらないこと:ニッセイ基礎研REPORT

 ■大手行の政策保有株式売却は加速するか~コミットメントの遂行には、合理性の劣る地銀株式の優先的な削減も一考:リサーチ・フォーカス No.2015-037

 ■コーポレートガバナンス報告書の開示内容の考察~未来への意思を示し、投資家との対話の有効なツールに:Mizuho Short Industry Focus

 ■株式持ち合い解消後を占う(2)~持合比率によって変わること、変わらないこと:基礎研レター
掲載日:2015-09-17 発表元:ニッセイ基礎研究所
キーワード:株式持ち合い解消 | 政策保有株式 | 企業行動 | 企業業績 | 利益還元 | 株主層...

 ■株式持ち合い解消後を占う(1)~持合比率によって変わること、変わらないこと:基礎研レター

 ■コーポレートガバナンス改革と金融資本市場の3つの潮流

 ■自社株買い増加の背景と今後の動向~コーポレートガバナンス・コードが自社株買いを増加させる可能性:金融資本市場
掲載日:2015-07-25 発表元:大和総研
キーワード:自社株買い | 配当 | 株主還元 | 政策保有株式 | 株主構成 | 敵対的買収 リスク...

 ■劇的な環境変化にさらされる「株式持ち合い」制度~企業行動の解明に一助を:基礎研レポート

 ■“日本株式会社”の株主構成はどう変わるのか

 ■東証一部上場企業の約5割が、監査等委員会設置会社への移行を検討~コーポレートガバナンス・コードに関するアンケートを実施

 ■コーポレートガバナンス・コードの基本的な考え方の解説〈コーポレートガバナンス・コード原案〉~会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために

 ■コーポレートガバナンス その改革を日本型経営に真に活かすために

 ■政策保有株式をめぐる議論とIFRS:会計制度

 ■日本再興戦略と株式市場

 ■コーポレートガバナンス・コードへの対応を迫られる地方銀行~政策保有株式開示や独立取締役の増員が課題に

 ■長期投資VS短期志向 第9回 ガバナンス・コードにおける長期投資

 ■「日本版」コーポレートガバナンス・コード原案が有識者会議で了承~攻めのガバナンスへの転機:Mizuho Short Industry Focus

 ■ガバナンス・コードによる政策保有株式開示~株式相互保有解消に向けた開示規定の強化:金融資本市場

 ■目指すべき株主構成とは:コンサルティングインサイト 企業経営
掲載日:2014-02-20 発表元:大和総研
キーワード:株主構成 | 政策保有株式 | 個人株主 | 機関投資家 | 株式保有 動機 | 株式市場...

:  1    2    :次へ
 

 
お奨めビジネス書
できる大人が使っている社会人用語ハンドブック
AI経営で会社は甦る
2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する
経済は地理から学べ!
マネジャーの最も大切な仕事〜95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力
「原因と結果」の経済学〜データから真実を見抜く思考法
「学力」の経済学
一発OKが出る資料 簡単につくるコツ: 「説得」「アピール」「プレゼン」「決裁」最強の方法