スチュワードシップ・コード

スチュワードシップ・コード”に関する経済レポート一覧:302

 ■投資家が関心を持つ社会課題は人的資本:2020年経済・金融の論点【要約】

 ■ポイント解説速報:金融庁、「日本版スチュワードシップ・コード」改訂案を公表

 ■「責任ある機関投資家」の諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫~投資と対話を通じて企業の持続的成長を促すために~(案))

 ■日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケート(第6回)の結果について(2019年10月実施分)

 ■議決権行使助言会社の規制:証研レポート

 ■オピニオン:日本版スチュワードシップ・コード改訂で期待されるESG「原則」化

 ■日本版ISAの道[その288]【日本版スチュワードシップ・コード(SSC)の道】英国ではコーポレートガバナンスから派生、米国ではフィデューシャリー・デューティー(FD)強化の中で派生、米国では議決権行使重視で低コストだけのインデックス・ファンドに課題を与える!

 ■スチュワードシップ・コードへのESG要素の組み入れ
掲載日:2019-11-15 発表元:大和総研
キーワード:スチュワードシップ・コード ESG | 機関投資家 ESG | 英国 会社法 | 英国 FRC | 投資判断 ESG | 

 ■英国スチュワードシップ・コード2020(仮訳)

 ■ESGリスクトピックス<2019 No.7>~気候変動、生物多様性、労働問題、ガバナンス、SDGs

 ■「対話」は一人ではできない~スチュワードシップ・コード改訂の審議開始

 ■アベノミクス下の企業統治改革:二つのコードは何をもたらしたのか

 ■スチュワードシップ・コード改訂—株主総会議案に関する賛否理由の開示を求める 大幅改訂が大詰めを迎える英国、日本のコード改訂の行方は?:資産運用・投資主体

 ■スチュワードシップコード、機関投資家と企業パフォーマンス:国際比較研究【ノンテクニカルサマリー】

 ■加速する株主アクティビズムと日本企業がとるべき対応:Mizuho Industry Focus Vol.219

 ■スチュワードシップコード、機関投資家と企業パフォーマンス:国際比較研究【概要:日本語、全文:英語】

 ■SS、CGコードのフォローアップ会議が意見書を公表~SSコード改訂議論のポイントなどの提示:ESG/SDGs

 ■「政策保有株式」に関する開示規制の再構築について:金融商品取引法研究会研究記録 第69号

 ■令和時代の格差拡大を考える~企業統治と賃金格差はどうなる?(配付資料)

 ■企業年金ガバナンスについて:基礎研レポート

 ■JIPsDIRECT No.075~証券会社関連の動向 / 証券トレンド:仮想通貨から暗号資産へ~関係法制の整備について / ディスクロージャー制度の在り方~投資家に何をどう伝えるか...

 ■スマート・フォーマットの取り組み~期待される企業年金のスチュワードシップ活動への実務的支援

 ■投資信託運用会社の議決権行使状況に係るアンケート調査結果

 ■〔講演〕金融資本市場をめぐる当面の課題

 ■機関投資家と上場企業の関係を変えた「平成」時代:「令和」に向けた金融・経済の変化

 ■コーポレートガバナンス改革の更なる推進に向けた検討の方向性(「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」意見書(4))

 ■第26回 IR活動の実態調査(2019年4月)~中長期的視点での対話が着実に浸透し、非財務情報への意識も、企業と投資家双方で高まる...
掲載日:2019-04-19 発表元:日本IR協議会
キーワード:IR活動の実態調査 | 経営トップ IR活動 | IR活動 目標 | IR活動 株主総会 | CGコード | SSコード...

 ■SSコード、CGコード 両コードの今後の見直しの方向性が明らかに~フォローアップ会議意見書(案):証券・金融取引の法制度

 ■金融法人及び年金基金におけるブレグジット、オルタナティブ投資の実態調査~2018年度オルタナティブ投資アンケート結果

 ■変貌する英国スチュワードシップ・コードがもたらすインパクト
掲載日:2019-03-06 発表元:大和総研
キーワード:英国 スチュワードシップ・コード | 機関投資家 | 受託者責任 | ESG要因 | 気候変動 | 投資先企業...

 ■ガバナンス改革の実効性向上を目指しフォローアップの議論再開:ESG/SDGs

 ■企業年金とESG投資:年金コンサルティングニュース

 ■ガバナンス報告書100社調査(独自)~上場企業39社が利益相反管理を表明 基金のスチュワードシップ・コード受け入れに道広がる

 ■日本版スチュワードシップ・コードへの対応等に関するアンケート(第5回)の結果について(平成30年10月実施分)

 ■日本企業のガバナンスと株式会社組織:齋藤潤の経済バーズアイ

 ■企業はESG情報開示にどう対応すべきか~高まるESG投資の波

 ■過渡期にある金融行政の主要15トピックス~金融行政の現状と課題

 ■議決権行使結果個別開示が示唆する企業の三極化

 ■コーポレートガバナンス改革について:スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議(第16回)資料

 ■機関投資家によるスチュワードシップ・コード受入れの現状と課題 / 家計の資産形成等を巡る状況と課題:日本取引所金融商品取引法研究

:  1    2    3    4    5    6    7    8    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
銀行同盟 物価連動国債 中国 年金制度 ID連携 ロケ誘致 貿易政策 行動経済学 裁量労働制 ホワイトカラー・エグゼンプション 科学技術イノベーション政策 在宅医療 高齢者消費行動 減反政策 若者消費行動 知識創造 エンジェル税制 スチュワードシップ・コード 国際通貨体制 医療提供体制 混合診療 地理空間情報 GTL 経営学 G空間 コトづくり 水田農業 レジリエンス リニア中央新幹線 リサイクルビジネス アントレプレナー 学力格差 未来予測 観光まちづくり 販路開拓 持続可能性指標 個人保証 マーケティング戦略 産業の新陳代謝 持続可能な社会保障 金融リテラシー 日本的経営 アフリカ市場 アフリカビジネス ヘルスツーリズム ヘルスケアREIT 人材ポートフォリオ モザンビーク 遺伝資源 社会的経済 医療技術評価 地理的表示 リスクアセスメント ビジネスマッチング 資源外交 IoT モノのインターネット 生活者調査 ビットコイン マネジメント人材 ビジネスイノベーション 気候変動 農業 都市間競争 知識社会 職場環境 日本企業 国際競争力 石炭産業 スマートハウス 航空機産業 地政学リスク 新幹線 経済効果 解雇規制 インバウンド観光 素形材産業 産業用ロボット セルフメディケーション 医工連携 燃料電池自動車 環境アセスメント 環境ビジネス 海外展開 法人税改革 情報行動 団地再生 プロセス・イノベーション 意味的価値 ファシリティマネジメント グローバル市場 中東市場 人工知能 長生きリスク キャリア・コンサルティング キャリア開発 アフリカ進出 エリアマネジメント 金融包摂 北海道新幹線 九州新幹線 北陸新幹線 キャリア発達 リアルオプション 生活習慣病 ヘルスケアサービス    経済リポート,無料レポート

 
お奨めビジネス書
日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
FACTFULNESS(ファクトフルネス)
論語と算盤 (現代語訳)
会計の世界史 イタリア、イギリス、アメリカ-500年の物語