ビジネスと人権

ビジネスと人権”に関する経済レポート一覧:149

 ■ビジネスと人権~経営の「周辺課題」から「重要課題」へ~

 ■令和4年版 人権教育・啓発白書(令和3年度人権教育及び人権啓発施策)

 ■SDGsの羅針盤『企業に求められる「ビジネスと人権」の取組み』

 ■UNGPs 10+ ビジネスと人権の次の10年のためのロードマップ(日本語仮訳版)

 ■商工金融 2022年5月号~特集:中小企業のガバナンス(下)

 ■ビジネスと人権~中小企業の役割と責任

 ■CSRを巡る動き:サプライチェーンにおける人権尊重

 ■〔講演〕資本主義の転換とESG投資・過去・現在・未来:証券レビュー

 ■サステナビリティ解説動画~人権・労働・環境・腐敗防止の4分野を解説~

 ■国連グローバル・コンパクト Monthly Bulletin 和訳版2022年3 月号

 ■自由で開かれたインド太平洋(FOIP)の実現に向けた商社のダイナミズム:ディスカッションペーパー

 ■日本企業のサプライチェーンにおける人権に関する取組状況及び今後の対応に関する調査(詳細版)

 ■ステークホルダーに訴求できる企業の人権への取り組みとは

 ■第1回 サプライチェーンにおける人権尊重のためのガイドライン検討会【開催資料】

 ■ESGリスクトピックス<2021 No.12> ~気候変動、生物多様性、人権、下請法対応、情報セキュリティ、AIガバナンス...

 ■ビジネスと人権」~日本企業にとってピンチかチャンスか?:InfoCom T&S World Trend Report

 ■広報誌『企業活力』No.114 2021冬季~人的資本経営元年 / 変革期のサステナブル投資はさらに次の段階へ / コロナ禍の少年スポーツの受難...

 ■今後の経済産業施策に関する主な課題:政策課題

 ■Innovating Migration Policies ~2030年に向けた外国人政策のあり方

 ■中小企業のための人権デュー・ディリジェンス・ガイドライン~持続可能な社会を実現するために~

 ■わが国の人権外交のあり方検討プロジェクトチーム第二次提言~「ビジネスと人権」に関するわが国のあり方

 ■日本における「ビジネスと人権」の現状と今後:国内外経済の動向

 ■ILO報告書「サプライチェーンにおけるディーセント・ワークのためのILOの規範的・非規範的措置のギャップ分析」【概要:日本語、全文:英語】

 ■人権概念の拡がり 問われる企業の備え

 ■国連グローバル・コンパクト Monthly Bulletin 和訳版2021年11月号

 ■国際問題 2021年12月号 焦点:今日の外交と人権

 ■ビジネスと人権」とは何か 国連指導原則と人権外交の接点から:今日の外交と人権

 ■企業行動憲章 実行の手引き「第4章 人権の尊重」の改訂 および「人権を尊重する経営のためのハンドブック」の策定

 ■企業はなぜ今、人権を意識しなければならないのか?:企業IR

 ■企業に求められる「ビジネスと人権」の取組み~人権への関心の高まりと企業の果たす役割の重要性:Compass for SDGs&Society5.0

 ■日本企業のサプライチェーンにおける人権に関する取組状況のアンケート調査 集計結果~人権方針を策定している企業は約7割...

 ■欧州で進む人権デューディリジェンスの法制化と企業の取り組み~欧州の「サプライチェーンと人権」セミナーから:地域・分析レポート

 ■責任あるサプライチェーンと人権デュー・ディリジェンス:レファレンス

 ■ビジネスと人権」に関する取組事例集~「ビジネスと人権の指導原則」に基づく取組の浸透・定着に向けて

 ■「経済」×「分配」による包摂的な成長~「人」が企業の価値を高める:ポイント解説!経済・産業政策の重点 vol.5

 ■アジアのサプライチェーンにおける人権尊重の取り組みと課題(7)スリランカ、政府・企業レベルで進む人権尊重の取り組み:地域・分析レポート

 ■経済産業政策の新機軸~政策フロンティアへの挑戦~

 ■アジアのサプライチェーンにおける人権尊重の取り組みと課題(3)責任ある企業行動がより求められる状況に(ラオス):地域・分析レポート

 ■東南アジアで注目されるESG課題~海洋での人権問題とプラごみ問題を事例として:みずほインサイト アジア

 ■ESGリスクトピックス<2021 No.7> ~脱炭素、リサイクル、サーキュラーエコノミー、人権、ガバナンス...

 ■ビジネス・レーバー・トレンド 2021年8・9月号~ビジネスと人権

 ■諸外国の動向 ビジネスと人権~アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスの取り組みの状況:ビジネスと人権

 ■諸外国の動向 アメリカ 「責任ある企業行動」を支援:ビジネスと人権

 ■諸外国の動向 イギリス 他国に先がけ2013年に国別行動計画、2015年に現代奴隷法を制定:ビジネスと人権

 ■諸外国の動向 ドイツ 「サプライチェーン・デューデリジェンス法」連邦議会で可決:ビジネスと人権

 ■諸外国の動向 フランス 人権デューデリジェンス法制化のパイオニア~企業による行動計画の策定とNGOによる告発・提訴:ビジネスと人権

 ■政労使の人権尊重に向けた取り組み:日本政府が2020年10月に行動計画を策定~サプライチェーンでの人権デュー・ディリジェンスなど盛り込む:ビジネスと人権

 ■政労使の人権尊重に向けた取り組み:食品・日用品の流通・製造企業がコロナ禍の従業員健康確保措置を紹介~CHLジャパンレポート「ウィズコロナ時代の食品・日用品のサプライチェーン」:ビジネスと人権

 ■政労使の人権尊重に向けた取り組み:加盟組合の企業の3割以上で取引先への要請で効果あり―7年目に入ったJAMの公正取引慣行に向けた取り組み:ビジネスと人権

 ■ビジネス・レーバー・モニター(企業・業界団体)定例調査 2021年1-3月期の業況実績と4-6月期の業況見通し~「晴れ」が増加して景況はやや改善も来期見通しは厳しめの見込み:ビジネスと人権

:  1    2    3    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
サービスデザイン 日本遺産 都市観光 グローバルガバナンス ワーケーション 柔軟な働き方 サテライトオフィス グループ経営  メタネーション かかりつけ医 地域経済循環 ビジネスと人権 アメリカ政治 ウェルビーイング CO2フリー水素 CRE戦略 経済安全保障 ナウキャスティング デュアルユース スタグフレーション ブルー水素 ブリージャー 放課後児童クラブ 放課後児童クラブ 心のバリアフリー エドテック CCUS 炭素国境調整 無形資産投資 自社株買い Z世代 グリーンファイナンス 親子上場 オルタナティブデータ 人権デューディリジェンス ゼロエミッション デジタル資産 森林吸収 デジタル課税 株価指数先物 未来洞察 デジタル革新 地域循環共生圏 海外M&A フェアトレード 未来の教室 地球観測 オープンサイエンス クールジャパン ワクチンパスポート 不妊治療 家計 金融資産選択 家計 金融資産保有 EUタクソノミー AI戦略 水素戦略 ステークホルダー資本主義 テレビ視聴時間 木材産業 林業 電力購入契約 機械学習 ブレインテック ハッカソン 企業統治改革 科学的介護 実証実験 事例 現代奴隷法 空飛ぶクルマ ヘルステック 住宅業界 外国人留学生支援 海外 教育事情 雄安新区 多文化共生社会 定期借家制度 障害者福祉 自治体DX セキュリティトークン 経済リポート,無料レポート

 
お奨めビジネス書