オープンサイエンス

オープンサイエンス”に関する経済レポート一覧:94

 ■オープンサイエンス時代の大学図書館に求められる教育研究支援機能:State of Open Science in Japan 調査から

 ■研究データ管理:学術コミュニケーションの変容と大学図書館

 ■統合イノベーション戦略2022(案)

 ■「科学技術進歩法」を後ろ盾にテクノロジー発展の波に乗る~中国のオープンサイエンスをめぐる立法化は世界の最前線...

 ■農林金融 2022年4月号~テーマ:農業の環境変化への対応

 ■談話室:「オープンサイエンス」で結ぶ専門知データと未来の社会

 ■STI Horizon 2021春号~米国における研究動向の調査研究 / 日本の研究機関における研究データ管理(RDM)の実践状況 / セクターを越えた「共創」の具体化に向けて...

 ■日本の研究機関における研究データ管理(RDM)の実践状況~オープンサイエンスの実現に向けた課題と展望:ほらいずん

 ■大学授業レポート:「オープンサイエンス」×「企業連携」×「ジグソー法」でSociety5.0のデータサイエンスを学ぶ(後編)

 ■大学授業レポート :「オープンサイエンス」×「企業連携」×「ジグソー法」でSociety5.0のデータサイエンスを学ぶ(前編)

 ■STI Horizon 2021冬号~データに基づく政策立案を促す調査研究 / 科学技術・学術政策研究所におけるリサーチアシスタント制度...

 ■研究データの公開と論文のオープンアクセスに関する実態調査2020 ~オープンサイエンスとデータ駆動型研究の推進に向けた課題

 ■シチズンサイエンスの社会実装~B&Cスタイルへの拡大:ほらいずん

 ■プレプリントの利活用と認識に関する調査2020~COVID-19と学術情報流通の現状

 ■統合イノベーション戦略2021

 ■令和2年度文部科学省における基本的な政策の立案・評価に関する調査研究(With/Afterコロナ期における新たな科学技術行政の在り方と課題について)報告書

 ■SDGs達成に向けた科学技術イノベーションの実践

 ■オープンサイエンス及び研究データ管理に係る参考となる取組事例

 ■STI Horizon 2021春号~抗ウイルス材料・表面に関する科学技術の最近の動向 / 大学の研究力を総合的に把握する「量」、「質」、「厚み」に関する5つの指標と、新しい国際ベンチマーク手法の提案...

 ■COVID-19で加速するオープンサイエンス~プレプリント分析にみる学術情報流通の変容

 ■RIETI Highlight Vol.83~特集:国際社会の変容とインテリジェンス / 日本社会の変容 / RIETI EBPM

 ■歴代「ナイスステップな研究者」鼎談:東北大学副学長 大隅 典子氏×株式会社ジーンクエスト 代表取締役 高橋 祥子氏×千葉大学大学院医学研究院人工知能(AI)医学教授 川上 英良氏~新型コロナウイルス感染症で変容する医学・ライフサイエンス分野の展望:ほらいずん

 ■コロナ危機を乗り越えるためのオープンサイエンスとオープンデータに向けて:新型コロナウイルス-課題と分析

 ■(43)米中の覇権争いの中、科学技術振興のあり方を考える(後編):野依良治の視点

 ■提言「学術情報流通の大変革時代に向けた学術情報環境の再構築と国際競争力強化」

 ■調査報告書「AI×バイオ DX時代のライフサイエンス・バイオメディカル研究(—The Beyond Disciplines Collection)」

 ■令和2年版 科学技術白書

 ■(40)COVID-19から学ぶ~世界の科学界の連帯が人類を救う:野依良治の視点

 ■「研究データに関する研究者の実態とニーズの把握のための調査の手引き」、「研究データのオープン化とそのメリット」

 ■提言「オープンサイエンスの深化と推進に向けて」

 ■STI Horizon 2020 春号~研究データの公開と論文のオープンアクセスに関する実態調査2018 / EBPMのための研究プログラムの分析(科研費を事例として)...

 ■MedRxiv、ChemRxivにみるプレプリントファーストへの変化の兆しとオープンサイエンス時代の研究論文:ほらいずん

 ■研究データの公開と論文のオープンアクセスに関する実態調査2018~オープンサイエンスの進展状況と課題

 ■オープンサイエンスの推進に向けた協会の行動計画

 ■リーフレット「これからのリサーチデータマネジメント(RDM)」

 ■提言「持続可能な生命科学のデータ基盤の整備に向けて」

 ■国立大学図書館のオープンサイエンスへの取り組み~研究成果と学術情報のより幅広い共有と活用に向けて

 ■STI Horizon誌 2019 春号 (Vol.5 No.1)~異分野・産学の相互信頼が研究のフロンティアを拓く:光・量子科学技術分野での経験から / オープンサイエンスと社会課題解決...

 ■オープンサイエンスと社会課題解決~マルチステークホルダー・ワークショップによる予察とその後の展開

 ■製造プロセスのデジタル化をオープンイノベーション:日本の中小企業を対象 としたサーベイによる分析【概要:日本語、全文:英語】

 ■京都大学 白眉センター 榎戸 輝揚 特定准教授インタビュー~市民と連携するオープンサイエンスが切り拓く新しい研究スタイル:ナイスステップな研究者から見た変化の新潮流

 ■(31)分野連携と分野融合は可能だろうか:野依良治の視点

 ■オープンサイエンスの社会課題解決に対する貢献~マルチステークホルダー・ワークショップによる予測

 ■特許と論文のリンクデータを用いたAIドリブンイノベーションの分析【概要:日本語、全文:英語】

 ■STI Horizon(エスティーアイ ホライズン)誌2018秋号~俯瞰的視点から語る予測と企業戦略、SDGsの取組 / 新たなデジタル媒体によるコミュニケーションの変容...

 ■統合イノベーション戦略におけるオープンサイエンス~研究データの戦略的開放による「知の源泉」を担う基盤づくりに向けて

 ■シチズンサイエンスを超えた共創型研究の兆しと可能性~Japan Open Science Summitのシチズンサイエンスセッションと事前アンケートの報告

 ■(28)サイエンスマップは何を語るか:野依良治の視点

 ■AIにおけるサイエンスとイノベーションの共起化:米国における論文・特許データベースを用いた分析

 ■(26)ビッグデータの利活用の行方:野依良治の視点

:  1    2    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
サービスデザイン 日本遺産 都市観光 グローバルガバナンス ワーケーション 柔軟な働き方 サテライトオフィス グループ経営  メタネーション かかりつけ医 地域経済循環 ビジネスと人権 アメリカ政治 ウェルビーイング CO2フリー水素 CRE戦略 経済安全保障 ナウキャスティング デュアルユース スタグフレーション ブルー水素 ブリージャー 放課後児童クラブ 放課後児童クラブ 心のバリアフリー エドテック CCUS 炭素国境調整 無形資産投資 自社株買い Z世代 グリーンファイナンス 親子上場 オルタナティブデータ 人権デューディリジェンス ゼロエミッション デジタル資産 森林吸収 デジタル課税 株価指数先物 未来洞察 デジタル革新 地域循環共生圏 海外M&A フェアトレード 未来の教室 地球観測 オープンサイエンス クールジャパン ワクチンパスポート 不妊治療 家計 金融資産選択 家計 金融資産保有 EUタクソノミー AI戦略 水素戦略 ステークホルダー資本主義 テレビ視聴時間 木材産業 林業 電力購入契約 機械学習 ブレインテック ハッカソン 企業統治改革 科学的介護 実証実験 事例 現代奴隷法 空飛ぶクルマ ヘルステック 住宅業界 外国人留学生支援 海外 教育事情 雄安新区 多文化共生社会 定期借家制度 障害者福祉 自治体DX セキュリティトークン 経済リポート,無料レポート

 
お奨めビジネス書