ゼロ金利政策

ゼロ金利政策”に関する経済レポート一覧:290

 ■欧州中央銀行(ECB)の本気度:ユーロ圏市場の分断を阻止する新手段は機能するのか

 ■米国経済:ウクライナ情勢、利上げ加速が逆風となるが回復基調は維持 (経済見通しの再改定):Economic Monitor

 ■米国:金融政策動向(2022年3月FOMC)~先行きの不確実性が高まるなか、2年ぶりにゼロ金利を解除:MRIデイリー・エコノミック・ポイント

 ■FOMC 想定通り、0.25%ptの利上げを決定~ドットチャートは2022-24年にかけて、計10.5回分の利上げを予想:米国

 ■FOMC、政策金利の0.25%引き上げを決定~2年ぶりにゼロ金利政策を解除:マーケットレポート

 ■公的債務の持続可能性を考える~「デフレ均衡」崩壊までの距離

 ■FOMC(9月21・22日)の注目点:マーケットレポート

 ■経常収支のダイナミクス~所得収支と貿易収支【ノンテクニカルサマリー】

 ■経常収支のダイナミクス~所得収支と貿易収支【概要:日本語、全文:英語】

 ■量的・質的金融緩和政策の軌跡~正統と異端の狭間で~

 ■財政出動、経常収支に目配り コロナ後のあるべき政策

 ■内外金利・為替見通し No.2021-01 ~日銀による点検結果を踏まえた金融政策の微修正は、副作用の抑制に主眼

 ■安全資産不足の可能性と経済・金融との関係について~米国における金融面からの考察を中心に

 ■MUFG Focus USA Weekly(2021年3月17日):3月FOMC~政策金利は現状維持、今年の経済見通しは大きく上方修正

 ■米国 FRBは現在の大規模な金融緩和策の継続を決定(21年1月26、27日FOMC) ~パウエルFRB議長は早期のテーパリング開始を強く否定も先行きを楽観:Fed Watching:Fed Watchings

 ■米国経済展望2021年1月号~トピックス:追加経済対策で景気の腰折れは回避 / 消費者物価の上昇ペースは緩やか

 ■感染再拡大により足踏み継続~FRBは資産買い入れの長期化を示唆:米国経済金融

 ■FRBは資産購入の期間に関するガイダンスを変更~資産購入ペースと購入年限については変更なし:マーケットレポート

 ■FOMC(12月15・16日)の評価~「資産買い入れ策」の長期継続を事実上コミットについて

 ■これでなっとく金融調節 第6回 ゼロ金利政策が金融調節に与えた影響~金融調節から非伝統的金融政策を考える(1)

 ■米国経済展望2020年12月号~トピックス:バイデン新政権の公約は縮小へ / 高所得層をけん引役に堅調な住宅販売

 ■米国経済展望2020年11月号~トピックス:大規模財政支出は期待薄 / 個人消費の回復は緩慢に

 ■FRBはゼロ金利政策の維持を決定~パウエルFRB議長が記者会見で量的緩和政策の拡充を示唆:マーケットレポート

 ■MUFG Focus USA Weekly(2020年10月9日):コロナ・ショック後の住宅市場の動向

 ■米国経済展望2020年10月号~トピックス:追加経済対策の成立遅延が景気回復の重石に / 民主党大勝なら短期的には景気は上振れへ

 ■財政支援策の剥落で消費の戻りが弱い ~FRBは平均インフレ目標を導入:米国経済金融

 ■MUFG Focus USA Weekly(2020年9月16日):9月FOMC~事実上のゼロ金利政策を維持、フォワードガイダンスを強化

 ■9月FOMCでフォワードガイダンスを強化~2023年までゼロ金利政策継続を示唆...

 ■米国金融政策(2020年9月)~金融政策の新たな枠組みを反映した金融緩和の実質的な強化:マーケットレター

 ■積極的な金融緩和策に加え、フォワード・ガイダンスを導入~足元景気回復に自信も、23年末までゼロ金利政策を維持

 ■米国経済展望2020年9月号~トピックス:今秋以降も個人消費は底堅く回復 / 財源不足が懸念されるバイデン候補の経済政策

 ■米国経済の見通し~景気回復への転換は早かったものの、景気回復の持続には早期の追加経済対策が不可欠:Weekly エコノミスト・レター

 ■≪新型コロナシリーズ No.43≫懸念される米国地銀セクターの経営動向~コロナ影響の顕在化により、構造的に収益性が悪化する可能性も:リサーチ・アイ No.2020-033

 ■内外金利・為替見通し No.2020-6~日銀は相当の期間にわたり、超緩和的な金融政策を維持する見通し

 ■米国 FRBは柔軟な平均インフレターゲティングを導入 ~長期目標の承認で9月のドット・チャートにも影響:U.S.Trends

 ■【キーワード】FRBは2%超の物価容認の『新たな指針』を発表

 ■米FRB、平均インフレ率目標を導入~当面2%超のインフレを目指す...

 ■米実質金利の低下・通貨価値の下落・資産インフレのコンボ、再び:Economic Data Watch

 ■内外金利・為替見通し No.2020-5 ~日銀は一連の金融緩和強化策の効果を見極めるべく、様子見姿勢を保とう

 ■人民元週間レポート【米国FOMCはゼロ金利政策を維持】2020年7月31日

 ■FOMC(7月28・29日)の評価と市場動向について:Market-eye

 ■7月FOMCで金融政策を現状維持~パウエル議長は改めて当面利上げを行わない姿勢を示す

 ■MUFG Focus USA Weekly(2020年7月29日):7月FOMC~金融政策は現状維持、追加緩和の更なる手掛かりは示されず

 ■金融市場ウィークリー 2020年7月10日号~マーケット時流潮流・来週の予想、経済・金融市場動向...

 ■内外金利・為替見通し No.2020-4 ~日銀は「新型コロナ対応」の効果を見極めるべく、当面は様子見姿勢を保とう

 ■追加緩和に踏み切らなかったFED~機を逸したのか?

 ■MUFG Focus USA Weekly(2020年6月10日):6月FOMC~事実上のゼロ金利政策が長期化するとの見通しが示される等ハト派的な結果に

 ■【6月米FOMC】予想通り、従前の金融政策を維持。22年までの実質ゼロ金利政策維持を示唆:経済・金融フラッシュ

 ■FRBはゼロ金利政策を22年末まで維持~量的緩和の買い入れペース維持、YCCも検討

 ■20年6月FOMCレビュー~ゼロ金利政策の長期化を示唆:市川レポート

:  1    2    3    4    5    6    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
コンパクトシティ 米国 金融危機  直接支払い 集落営農  知的財産 調査 地域イノベーション  CDS グリーンIT  農商工連携 法人企業統計  2009年 経済見通し 公設試  イラン経済 ECB  子育て支援 農業ビジネス  南アフリカ経済 シェアードサービス  シンガポール経済 協働  ADR 東アジア経済統合  ゼロ金利政策 医師不足  技術戦略 オープン・イノベーション  金融危機 影響 救急医療  家計調査 雇用調整  雇用政策 地域 雇用政策  雇用創出 ブータン  文化政策 地域 人材育成  職業能力 労働市場改革  非正規雇用 若年雇用  2010年 経済見通し 世界経済見通し  高度IT人材 CCS  道路特定財源 若年者雇用  金融危機 中国 中国 対外投資  地域経済 活性化 世界同時不況  医療 課題 中小企業 事業承継  バブル崩壊 中国 労働契約法  労働契約法 消費者行動  カンボジア ラオス  アクティビスト 決済サービス  豪州 金融政策 高齢者住宅  自治体病院 公立病院改革  労働者派遣 派遣労働者  環境保全型農業 食育  食生活 リスクコミュニケーション  学校給食 証券化市場  証券化商品 雇用形態  終身雇用 ペルー経済  コロンビア 中米  グローバル経営 官民連携  国民負担率 情報通信技術  ICT産業 モチベーション マネジメント  業界再編 投信販売  ヘッジファンド規制 ストレステスト   経済リポート

 
お奨めビジネス書