ゼロ金利政策

ゼロ金利政策”に関する経済レポート一覧:204

 ■Durations at the Zero Lower Bound【全文:英語】
掲載日:2016-08-26 発表元:日本銀行金融研究所
キーワード:金融政​​策 | ニューケインジアン | ゼロ金利政策 | 

 ■2016年後半の米国経済と金融政策の行方

 ■米国インフレ2%達成は可能か?~原油安が期待インフレ率に低下圧力:経済百葉箱第88号

 ■経済成長が低迷するなかでの政策支援: 移行期に差し掛かったアジア経済:Cyclical Outlook
掲載日:2016-01-21 発表元:PIMCO
キーワード:政策支援 | FRB ゼロ金利政策 解除 | 金融緩和 | 為替管理 | 中国 | オーストラリア...

 ■【キーワード】2015年を振り返るキーワード~米国の 「利上げ」

 ■FOMC 想定通りの利上げ開始~正常化に踏み出すも最大で年間1%ptの利上げペースを想定:米国経済

 ■利上げ開始に踏み切ったFOMC~異例の7年間にピリオド:みずほインサイト 米州

 ■米国:ゼロ金利政策からの脱却:マーケットレター

 ■米国の利上げに関するQ&A~6つの素朴な疑問に答える:みずほインサイト 米州

 ■FOMC 12月の利上げを市場に打診~経済指標次第だが、利上げに向けた条件は12月に揃うか:米国経済
掲載日:2015-10-30 発表元:大和総研
キーワード:FOMC声明文 | FOMC 利上げの条件 | 利上げ 経済指標次第 | FRB 利上げ開始 | FOMC参加者 | 米国経済...

 ■米国のもう1つの「非伝統的」金融政策

 ■日米経済(週次)予測(2015年9月21日)<日本:7-9 月期日本経済ゼロ成長に近づく><米国:ゼロ金利政策は永遠に!>
掲載日:2015-09-25 発表元:アジア太平洋研究所
キーワード:日米経済(週次)予測 | 日本経済 ゼロ成長 | 米国経済 | FOMC | 米国 ゼロ金利政策 | 

 ■FOMC 年内の利上げ開始に前向き~海外経済の減速や金融市場の混乱で利上げ見送り:米国経済
掲載日:2015-09-19 発表元:大和総研
キーワード:FOMC声明文 | 米国 年内利上げ開始 | 米国 利上げ 見送り | 米国経済 現状認識 | FOMC | 米国経済...

 ■量的・質的緩和の今後の展開について

 ■米国 現在の金融政策の継続を決定、利上げ時期は示唆されず(15年7月28、29日FOMC)~経済環境の改善が持続しており利上げに向けて前進中:Fed Watching

 ■FOMC 9月利上げ開始も視野~賃金上昇を確認するまで政策判断はニュートラル:米国経済

 ■デフレ脱却を本物とするための課題~いざなみ景気との比較からみた変化:リサーチ・フォーカス No.2015-017

 ■米国経済 労働市場の改善で年内利上げへ。製造業の停滞と期待される家計関連需要の増加:米国経済

 ■米国 FRBは年内利上げの見方を維持(15年6月16、17日FOMC)~FOMC参加者は年内2回の利上げを想定も利上げペースはより慎重な見方に修正:Fed Watching
掲載日:2015-06-19 発表元:第一生命経済研究所
キーワード:米国 利上げ | アメリカ 利上げ | 米国 利上げ 条件 | FRB | FOMC参加者 | FOMC声明文...

 ■FOMC ハト派の印象を与えたイエレン議長~景気認識は上方修正、先行きの見方も明るさを増す:米国経済

 ■米国 FRBは景気・雇用判断を下方修正も正常化の準備完了(15年4月28、29日FOMC)~正常化開始は市場コンセンサスの9月よりも遅れる可能性:Fed Watching

 ■FOMC 利上げにはドル高是正も必要に~エネルギー以外の輸入物価の下落を懸念:米国経済

 ■量的金融緩和政策の出口戦略による東アジア諸国通貨への影響【ノンテクニカルサマリー】

 ■量的金融緩和政策の出口戦略による東アジア諸国通貨への影響【概要:日本語、全文:英語】

 ■FOMC 利上げに向けた環境作りが進む~政策金利の見通しは下方修正:米国経済
掲載日:2015-03-20 発表元:大和総研
キーワード:FOMC声明文 | FOMC 利上げ開始 | FOMC 失業率 見通し | FOMC インフレ率 | FRB | 米国経済...

 ■米国 インフレ率低下も現時点でFRBのスタンスに変化はみられない(15年1月27、28日FOMC) ~利上げ開始は経済指標次第とのスタンスは継続:Fed Watching

 ■FOMC 政策変更を急ぐ必要はない~国際情勢などを見極める時間があるうちに課題を検討すべき:米国経済
掲載日:2015-01-30 発表元:大和総研
キーワード:FOMC声明文 | FOMC 忍耐強く | 米国経済 現状認識 | FRB 国際情勢 | ドル高 デフレ | 金利変動...

 ■BTMU Focus USA Weekly(2015年1月28日):1月FOMC~スタンスに大きな変化はうかがわれず

 ■CQM予測(1月2日)は連銀の迅速な政策金利の引き上げを示唆:APIR Commentary No.36

 ■米国経済(週次)予測(2014年12月19日)<連銀が替えるべきは“considerable time”ではなく、 “Economic activity is expanding at a moderate pace”>

 ■米国 「相当の期間」から「辛抱強く」に文言を変更し15年の利上げ準備(14年12月16、17日FOMC)~利上げ開始は経済指標次第とのスタンスは継続:Fed Watching

 ■FOMC 慎重に声明文を変更~最初の利上げと同時に2回目以降の利上げも主要テーマか:米国経済

 ■BTMU Focus USA Weekly(2014年12月17日):12月FOMC~フォワード・ガイダンスを“慎重に”修正

 ■米国経済(週次)予測(2014年11月14日)<投資家・消費者を麻薬(ゼロ金利)依存症にする長期のゼロ金利政策
掲載日:2014-11-18 発表元:アジア太平洋研究所
キーワード:米国経済 予測 | 米国 長期 ゼロ金利政策 | ゼロ金利 依存症 | 

 ■ゼロ金利下における政策効果のパラドックス:可視的アプローチによる俯瞰

 ■FOMC 声明文の修正も実は変化はない~QE3に伴う資産買い入れ終了も利上げ開始時期は示唆されず:米国経済

 ■米国 QE3終了を決定、利上げは経済情勢次第とのスタンス変わらず(14年10月28、29日FOMC) ~FRBは再投資の継続により利上げまで緩和的な金融環境を維持する方針:Fed Watching

 ■BTMU Focus USA Weekly(2014年10月10日):経済に残る課題を反映~9月FOMC議事要旨
掲載日:2014-10-15 発表元:三菱東京UFJ銀行
キーワード:BTMU Focus USA Weekly | FOMC議事要旨 | 米国 労働資源 未活用 | 米国 離職率 | 米国 入職率 | 

 ■米国経済(月次)予測(2014年9月)<連銀はゼロ金利維持の“for a considerable time(相当な期間)”の文言を FOMC声明で残したが、その一方で金利引き上げが早まる可能性を示唆>

 ■米国 QE3縮小継続。FOMCの利上げ予想中央値は小幅上方シフト(14年9月16、17日FOMC)~利上げ時期は経済情勢次第とのスタンスは変わらず:Fed Watching
掲載日:2014-09-19 発表元:第一生命経済研究所
キーワード:FOMC声明文 | QE3縮小継続 | FRB 利上げ時期 | FRB 景気判断 | FRB インフレ判断 | Fed Watching...

:  1    2    3    4    5    6    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
コンパクトシティ 米国 金融危機  直接支払い 集落営農  知的財産 調査 地域イノベーション  CDS グリーンIT  農商工連携 法人企業統計  2009年 経済見通し 公設試  イラン経済 ECB  子育て支援 農業ビジネス  南アフリカ経済 シェアードサービス  シンガポール経済 協働  ADR 東アジア経済統合  ゼロ金利政策 医師不足  技術戦略 オープン・イノベーション  金融危機 影響 救急医療  家計調査 雇用調整  雇用政策 地域 雇用政策  雇用創出 ブータン  文化政策 地域 人材育成  職業能力 労働市場改革  非正規雇用 若年雇用  2010年 経済見通し 世界経済見通し  高度IT人材 CCS  道路特定財源 若年者雇用  金融危機 中国 中国 対外投資  地域経済 活性化 世界同時不況  医療 課題 中小企業 事業承継  バブル崩壊 中国 労働契約法  労働契約法 消費者行動  カンボジア ラオス  アクティビスト 決済サービス  豪州 金融政策 高齢者住宅  自治体病院 公立病院改革  労働者派遣 派遣労働者  環境保全型農業 食育  食生活 リスクコミュニケーション  学校給食 証券化市場  証券化商品 雇用形態  終身雇用 ペルー経済  コロンビア 中米  グローバル経営 官民連携  国民負担率 情報通信技術  ICT産業 モチベーション マネジメント  業界再編 投信販売  ヘッジファンド規制 ストレステスト   経済リポート

 
お奨めビジネス書
できる大人が使っている社会人用語ハンドブック
AI経営で会社は甦る
2050年の技術 英『エコノミスト』誌は予測する
経済は地理から学べ!
マネジャーの最も大切な仕事〜95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力
「原因と結果」の経済学〜データから真実を見抜く思考法
「学力」の経済学
一発OKが出る資料 簡単につくるコツ: 「説得」「アピール」「プレゼン」「決裁」最強の方法