機械受注統計


機械受注統計”に関する経済レポート一覧:515

 ■今週のレビュー~祝!鉄道開業150年

 ■機械受注統計調査報告(令和4年8月実績)~機械受注総額の動向をみると、2022(令和4)年7月前月比0.3%増の後、8月は同9.5%減の2兆6,849億円。

 ■機械受注統計調査報告(令和4年7月実績)~ 機械受注総額の動向をみると、2022年6月前月比2.2%減の後、7月は同0.3%増の2兆9,674億円。

 ■機械受注統計調査(2022年7月)~非製造業が牽引役となり、市場予想を上回る増加に

 ■機械受注統計調査報告(令和4年6月実績および令和4年7~9月見通し)~機械受注総額の動向をみると、2022年5月前月比10.1%減の後、6月は同2.2%減の2兆9,597億円

 ■機械受注統計調査(2022年6月)~4-6月期は2四半期ぶりの増加となるも、先行きは海外景気や感染状況の悪化が設備投資の重石

 ■機械受注統計調査報告(令和4年5月実績)~機械受注総額の動向をみると、2022年4月前月比33.6%増の後、5月は同10.1%減の3兆273億円

 ■機械受注統計調査(2022年5月)~前月の大幅増の反動で前月比減。先行きは回復傾向での推移が見込まれる

 ■機械受注統計調査報告(令和4年4月実績)~機械受注総額の動向をみると、2022年3月前月比2.5%増の後、4月は同33.6%増の3兆3,661億円

 ■機械受注統計調査(2022年4月)~製造業、非製造業共に2ヶ月連続の増加

 ■機械受注統計調査報告(令和4年3月実績および令和4年4~6月見通し)~機械受注総額の動向をみると、2022年2月前月比10.6%減の後、3月は同2.5%増の2兆5,203億円。

 ■機械受注統計調査(2022年3月)~3か月ぶりの増加も、4-6月期の見通しは前期比▲8.1%と慎重姿勢がみられる

 ■今週のレビュー~20年ぶりの円安水準へ

 ■機械受注統計調査報告(令和4年2月実績)~機械受注総額の動向をみると、2022年1月前月比3.3%減の後、2月は同10.6%減の2兆4,590億円

 ■機械受注統計調査(2022年2月)~感染状況の悪化などを背景に、前月比で1年10ヶ月ぶりの減少幅に

 ■機械受注統計調査(2022年1月)~反動減の影響等により、前月比で▲2.0%と5ヶ月ぶりの減少に

 ■機械受注統計調査報告(令和4年1月実績)~機械受注総額の動向をみると、2021(令和3)年12月前月比1.8%増の後、2022(令和4)年1月は同3.3%減の2兆7,512億円

 ■今週のレビュー~1~3月期は再びマイナス成長か?

 ■機械受注統計調査報告(令和3年12月実績および令和4年1~3月見通し)~機械受注総額の動向をみると、2021(令和3)年11月前月比7.2%減の後、12月は同3.0%増の2兆8,330億円

 ■機械受注統計調査(2021年12月)~2021年の機械受注(船舶・電力除く民需)は前年比+6.8%。製造業はコロナ前を上回る水準に

 ■今週のレビュー~トンガで大規模噴火

 ■機械受注統計調査(2021年11月)~設備投資意欲の回復が続くが、1月以降は再び停滞感が強まることが見込まれる

 ■機械受注統計調査報告(令和3年11月実績)~機械受注総額の動向をみると、2021年10月前月比24.9%増の後、11月は同7.2%減の2兆7,507億円

 ■経済を知るためのさまざまな統計データ 第3回 企業の生産活動は活発?

 ■機械受注統計調査報告(令和3年10月実績)~機械受注総額の動向をみると、2021(令和3)年9月前月比10.4%減の後、10月は同24.9%増の2兆9,655億円

 ■機械受注統計調査(2021年10月)~感染状況の改善や緊急事態宣言の解除を受けて、回復の遅れていた非製造業に持ち直しの動き

 ■機械受注統計調査(2021年9月)~強い製造業と弱い非製造業の構図が続くも、先行きは非製造業の持ち直しが見込まれる

 ■機械受注統計調査報告(令和3年9月実績および令和3年10~12月見通し)~機械受注総額の動向をみると、2021(令和3)年8月前月比7.8%減の後、9月は同10.4%減の2兆3,736億円

 ■機械受注統計調査(2021年8月)~製造業の受注額(季節調整値)は5か月ぶりの減少に

 ■機械受注統計調査報告(令和3年8月実績)~機械受注総額の動向をみると、2021年7月前月比11.7%増の後、8月は同7.8%減の2兆6,502億円

 ■機械受注統計調査報告(令和3年7月実績)~機械受注総額の動向をみると、2021(令和3)年6月前月比6.6%減の後、7月は同11.7%増の2兆8,759億円

 ■機械受注統計調査(2021年7月)~製造業は4ヶ月連続の増加と好調を維持するも、非製造業は弱い動きが続く

 ■機械受注統計調査(2021年6月)~製造業を牽引役として、4-6月期民需(船舶・電力除く)は前期比+4.6%増加

 ■機械受注統計調査報告(令和3年6月実績および令和3年7~9月見通し)~機械受注総額の動向をみると、2021年5月前月比9.8%増の後、6月は同6.6%減の2兆5,738億円

 ■2021年6月機械受注~前月までの反動で民需は4カ月ぶりの減少:日本

 ■経済指標ウォッチャー:5月機械受注統計 3カ月連続で前月を上回る~ワクチン接種進展等による国内の景気回復期待から設備投資は増加傾向

 ■機械受注統計調査(2021年5月)~製造業を牽引役に、機械受注(船舶・電力除く民需)は3か月連続の増加

 ■機械受注統計調査報告(令和3年5月実績)~機械受注総額の動向をみると、2021年4月前月比18.2%増の後、5月は同9.8%増の2兆7,547億円

 ■経済指標ウォッチャー:4月機械受注統計 2カ月連続で前月を上回る~経済活動の早期正常化期待から設備投資は徐々に増加する見込み

 ■機械受注統計調査報告(令和3年4月実績)~機械受注総額の動向をみると、2021年3月前月比30.0%減の後、4月は同18.2%増の2兆5,080億円

 ■機械受注統計調査(2021年4月)~強い製造業、弱い非製造業という構図が鮮明に

 ■2021年4月機械受注~製造業は大幅増、非製造業は大幅減で明暗分かれ、民需は小幅に増加:日本

 ■経済指標ウォッチャー:機械受注統計 3ヵ月ぶりに増加~行動制限の緩和を見込み、設備投資が徐々に加速する可能性も

 ■機械受注統計調査報告(令和3年3月実績および令和3年4~6月見通し)~機械受注総額の動向をみると、2021年2月前月比26.4%増の後、3月は同30.0%減の2兆1,215億円

 ■機械受注統計調査(2021年3月) ~1-3月期に減少も、均してみれば持ち直しの動きが続く

 ■機械受注統計調査報告(令和3年2月実績)~機械受注総額の動向をみると、2021年1月前月比1.7%減の後、2月は同26.4%増の3兆312億円

 ■機械受注統計調査(2021年2月)~民需(船電除く)は2か月連続の減少。非製造業を中心に受注動向は下振れ

 ■経済指標ウォッチャー:2月機械受注統計 2カ月連続で前月を下回る~緊急事態宣言等を受けて、製造業・非製造業ともに減少

 ■機械受注統計調査報告(令和3年1月実績)~機械受注総額の動向をみると、2020年12月前月比10.5%増の後、2021年1月は同1.7%減の2兆3,974億円

 ■機械受注統計調査(2021年1月) ~民需(船電除く)は4か月ぶりに前月比で減少も、製造業を中心に底堅い推移が続く

:  1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
RoHS WEEE  環境規制 労働分配率  消費行動 ブルガリア経済  EU加盟 自治体 IT  ベネズエラ経済 規制改革  投資 グローバル化 ベンチャー企業  資金調達 米国経済見通し  中国経済見通し 英国経済見通し  焼酎 人材確保  ベンチャーキャピタル 事業継承  世界同時株安 公務員 人件費  外資政策 まちづくり三法  企業行動 春闘  オイルマネー 成長戦略  イスラム金融 世界貿易  企業誘致 地産地消  中国 産業構造 米国 ガバナンス  コミュニティビジネス 地域コミュニティ  産業競争力 インドネシア経済  ルーマニア経済 ハンガリー経済  アルゼンチン経済 金融サービス市場法  トルコ経済 賃金 調査  地域資源 高齢者 調査  MBO 電子マネー  地域SNS 新入社員 調査  プーチン 貯蓄率 低下  公共経営 エネルギー安全保障  九州経済 貿易自由化  MVNO 中国 金融政策  都市計画 産学連携  自治体経営 資産価格  農業政策 商店街  広告 国債市場  長期金利 上昇 関西経済  医薬品 海運業  気候変動 美しい国  税収 業務改革  ユーロ圏経済 SOA  バイオベンチャー 働き方  海洋 歳出・歳入一体改革  地域活性化 事例 企業評価  公営企業 サブプライム  意識調査 国際金融市場  テレワーク 過剰流動性  産学官連携 高齢化 影響  ライフスタイル 実体経済  コンピテンシー 日本経済 課題  賃金格差 中国 外貨準備  ブランド戦略 機械受注統計  ライツプラン 金融危機  生産性 調査 高齢者 就業  米国 資本市場 信用リスク管理  日本型経営 CRE  リーダーシップ 証券化  土壌汚染対策法 商店街 活性化  長時間労働 ソーシャルイノベーション  金型産業 TFP  原油価格 英国 年金  原油相場 消費税  中国 個人消費 リテール金融  消費者信用 インテリジェンス  アグリビジネス サービサイジング  中間選挙 人間力  消費者金融 北朝鮮 経済  ベトナム経済 WEB2.0  退職金 自動車部品  日銀 利上げ コンバージェンス 経済リポート

 
お奨めビジネス書