財政健全化

財政健全化”に関する経済レポート一覧:1436

 ■英国と大きく異なる日本の財政状況~英国の財政リスクはG7ワースト2に対して日本はベスト2:Economic Trends

 ■英新政権が減税方針を一部撤回~政治的には重要だが、財政の目立った改善にはつながらず:Europe Trends

 ■防衛費「GDP比2%」ありきの増額論議が抱える決定的な欠落

 ■安全保障が明らかにした日本の財政の課題

 ■令和4年版地方財政白書ビジュアル版
掲載日:2022-09-28 発表元:総務省
キーワード:地方財政白書 | 地方財政 | 地方債 | 地方税 | 地方交付税 | 地方公営企業...

 ■インフレの抑制か、財政の救済か

 ■それでも2025年度のプライマリーバランス黒字化目標は無理なく達成可能

 ■求められる財源確保と再分配強化の具体策 「新しい資本主義」と「骨太の方針」の評価と課題

 ■日本も財政検証機関の設立を~与野党に責任ある公約を求める契機に

 ■脱ディスインフレ時代の経済政策運営

 ■財政健全化の現状

 ■事項要求急増で予算編成の透明性が大きく低下(2023年度予算の概算要求)~「ペイアズユーゴー(Pay-As-You-Go)原則」など米国の財政健全化措置を参考に...:木内登英のGlobal Economy & Policy Insight

 ■【半歩先を読む経済教室】内閣府の中長期試算、「財政健全化が着実に進行」との解釈は楽観的といえる理由

 ■中間層復活に向けた経済財政運営の大転換:経済構造研究会報告会:21世紀政策研究所新書 99

 ■私が見てきた財政政策の変化(下) 小泉内閣の財政再建計画:小峰隆夫の私が見てきた日本経済史(第107回)

 ■内閣改造後の岸田政権の経済政策の課題~人への投資、スタートアップ支援、GX投資の強化が3つの柱に...:木内登英のGlobal Economy & Policy Insight

 ■物価上昇と財政悪化を克服する企業の投資増と賃上げ

 ■時流:国際環境の著しい変化とわが国財政の健全化【要約】

 ■中長期の経済財政に関する試算(2022年7月)

 ■中長期の経済財政に関する試算(2022年7月)のポイント

 ■アベノミクスと異次元緩和~同時代史的考察

 ■日本でも財政健全化のためペイアズユーゴーの導入検討を~プライマリーバランスの黒字化目標は機能してこなかった...:木内登英のGlobal Economy & Policy Insight

 ■自民大勝となった参院選挙後の岸田政権の経済政策~「黄金の3年」のもとで岸田政権は独自色を打ち出すかが注目...:木内登英のGlobal Economy & Policy Insight

 ■参院選の結果と日本株への影響を考える:市川レポート

 ■「新しい資本主義」実現に向けて財源をいかに確保するか~必要となる歳出見直しと環境関連税の増税の検討

 ■参院選挙後の岸田政権の経済政策と金融市場~日本銀行総裁人事でも「安倍離れ」を意識か...:木内登英のGlobal Economy & Policy Insight

 ■コロナ禍で続く歳出膨張と遠のく財政健全化~令和3年度補正予算、4年度当初及び補正予算審査を中心に:第208回国会の論議の焦点(1)

 ■参院選は本当に国民の選択の場となっているか:消費税減税、財政健全化の議論に注目:木内登英のGlobal Economy & Policy Insight

 ■原油価格高騰下で編成された令和4年度補正予算

 ■骨太の方針2022を考える~隠された「老いたる発展途上国」再生の鍵:国際金融トピックスNo.20

 ■通常国会が閉幕:参院選に向けて経済政策の再検証を~岸田政権が「聞く力」と柔軟姿勢を発揮...:木内登英のGlobal Economy & Policy Insight

 ■2022年度の年金額は0.4%減額、2023年度は増額だが目減りの見込み~(後編)2023年度は68歳前後の改定率が初めて相違する見込:基礎研レポート

 ■2022年度の年金額は0.4%減額、2023年度は増額だが目減りの見込み~(前編)年金額改定ルールの経緯や意義:基礎研レポート

 ■「骨太の方針」と「新しい資本主義」の閣議決定:成長戦略の効果を損ねる財政健全化後退の懸念:木内登英のGlobal Economy & Policy Insight

 ■新しい資本主義・骨太方針をどう見るか?~人への投資の方向性は正しいが力不足。負担の議論は先送り:Mizuho RT EXPRESS

 ■骨太方針2022のポイント(財政目標編)~基礎的財政収支黒字化目標は今後どうなるか?:Economic Trends

 ■中間層復活に向けた経済財政運営の大転換 報告書

 ■骨太の方針原案にPB黒字化目標は明記されず~岸田政権の経済政策は所得再分配から成長重視へ...:木内登英のGlobal Economy & Policy Insight

 ■骨太方針2022のポイント(総論編)~中長期的・計画的財政支出を拡大。「大きな政府」の号砲が鳴った:Economic Trends

 ■サステイナブルな資本主義を実践する~2022年度事業方針

 ■新しい資本主義の軌道修正と骨太の方針:財政規律の後退に懸念:木内登英のGlobal Economy & Policy Insight

 ■安定成長期の財政金融政策~オイル・ショックからバブルまで

 ■スリランカ経済はウィクラマシンハ首相の下で立て直しが進むか~IMFとの協議窓口の財務相も兼務へ、老練な政治家の下でも難しい状況が続くことは不可避か:Asia Trends

 ■歴史の転換点における財政運営 令和4年5月25日

 ■ポストコロナを見据えた政策運営に舵を切るシンガポール:国内外経済の動向

 ■円の実力に対する誤解~購買力低下の主因は円安よりもインフレ率格差。海外に遅れる需要喚起策:Economic Trends

 ■日本の財政関係資料(令和4月4月)

 ■欧米主要国の新型コロナウイルス感染症に関する対策等及びこれに対する会計検査の状況に関する調査研究

 ■財政健全化に向けて~社会保障の改革がカギ

 ■「税の交差点」第95回 人間ドック検査と独立財政機関:税・社会保障改革

:  1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
リーダーシップ 証券化  投資行動 男女共同参画  人的資本 フィラデルフィア連銀製造業景況指数  ベージュブック SWF  障害者雇用 中国 物価  中国 インフレ サービス業 生産性  協同組合 協同組織金融機関  大学改革 世代間格差  林業 ユーロ圏 景気  米国 大統領選挙 循環型社会  地方債 大阪経済  研究開発投資 賃貸住宅  円高 影響 不動産投資  排出量取引 政府系ファンド  企業規模 クレジットカード  労働市場 低炭素社会  中国 国有企業 財政健全化  ICT SaaS  税制改革 2008年 経済見通し  公会計 不動産証券化  感性 ERM  BPO 国際通貨  稲作 ヘッジファンド投資  福利厚生 デカップリング  つながり LNG  eラーニング NGO  ABL メキシコ経済  資源ナショナリズム 地域医療  外貨準備 運用 日銀 金融政策  第3次産業活動指数 キャリア教育  中小企業 景況 GCC  太陽電池 サービス化  GDPギャップ スタグフレーション  BOE 経済対策  アジア通貨 カーボン・オフセット  コンパクトシティ 再生可能エネルギー  次世代育成支援 中国 社会保障  グリーン物流 成年後見制度  ユビキタスネット社会 IFRS  国際財務報告基準 国際標準化  エコポイント コンビニエンスストア  M&A市場 中小企業 M&A  企業パフォーマンス 米国 インフレ  地方財政 社会資本整備  事業継続計画 BCP  プロジェクトマネジメント ロードマップ  オルタナティブ投資 退職給付  モチベーション 会計基準  営業 開発援助  ODA 農協  ゼロ金利 解除 貿易摩擦  ナノテクノロジー 全要素生産性  生命保険 マーケティング  観光振興 家計 金融資産  白書 農業参入  メンタルヘルス 中国 FTA  中国 脅威 グローバル・インバランス  フィンランド 富裕層  営業力 TOB  公開買付 ブラジル経済  FOMC モチベーション  人事制度 株券電子化  GDPデフレーター リース会計  米国 雇用統計 米国 鉱工業生産  企業会計 バイオエタノール  風力発電 地球温暖化 経済リポート

 
お奨めビジネス書