第3次産業活動指数

第3次産業活動指数”に関する経済レポート一覧:312

 ■国内景気週報(9/12~9/16)8月の貿易収支は▲28,173 億円と、13 ヵ月連続の赤字。

 ■国内景気週報(8/15~8/19)4~6月期の実質GDPは前期比年率+2.2%と、3四半期連続のプラス成長に。

 ■国内景気週報(7/11~7/15)6月の企業物価指数は前月比+0.7%の上昇。

 ■国内景気週報(6/13~6/17)5月の貿易収支は▲23,847億円と、10ヵ月連続の赤字。赤字額は過去2番目の大きさに。

 ■国内景気週報(5/16~5/20)4月の企業物価指数は、前月比+1.2%上昇。前年比では+10.0%と、第2次石油危機の影響を受けた1980 年12 月以来となる2ケタの伸びを記録。

 ■国内景気週報(4/18~4/22)3月の貿易収支は▲4,124 億円と、8ヵ月連続の赤字。

 ■国内景気週報(3/14~3/18)1月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は、製造業が前月比▲4.8%と3ヵ月ぶりの減少。

 ■国内景気週報(2/14~2/18)10~12月期の実質GDPは前期比+1.3%(前期比年率+5.4%)と、2四半期ぶりのプラス成長。

 ■コロナ禍における観光関連産業の動きを見る~観光関連産業に大きな影響を与えているのは、やはり「あの業種」...

 ■国内景気週報(1/17~~1/21)11月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は、製造業が前月比+12.9%と2ヵ月連続の増加。

 ■国内景気週報(12/13~12/17)11月の貿易収支は▲955億円と、4ヵ月連続の赤字。

 ■経済を知るためのさまざまな統計データ 第3回 企業の生産活動は活発?

 ■国内景気週報(11/15~11/19)7~9月期の実質GDPは前期比年率▲3.0%と、2四半期ぶりのマイナス。

 ■国内景気週報(10/11~10/15)9月のM3は前年比+3.8%増加。

 ■国内景気週報(9/13~9/17)7月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は、製造業が前月比+6.7%と4ヵ月連続の増加。

 ■第3次産業活動指数(2021年7月)~2カ月ぶりのマイナスへ。先行きも弱い動きが続く

 ■鉱工業指数と第3次産業活動指数からみた2021年4-6月期の産業活動:ミニ経済分析

 ■国内景気週報(8/10~8/13)4~6月期の実質GDPは前期比年率+1.3%と、2四半期ぶりのプラス成長に。

 ■第3次産業活動指数(2021年6月)~4-6月期は2期連続のマイナス、先行きも厳しい

 ■国内景気週報(7/12~7/16)5月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比+7.8%と3ヵ月連続の増加。

 ■第3次産業活動指数(2021年5月)~医療や飲食関連を中心に前月比大幅低下

 ■第3次産業活動指数(2021年4月)~小売業を中心に前月比マイナスへ転じる

 ■国内景気週報(5/17~5/21) 2021年1~3月期の実質GDPは前期比年率▲5.1%と、3四半期ぶりのマイナス成長。

 ■鉱工業指数と第3次産業活動指数からみた2021年1-3月期の産業活動

 ■第3次産業活動指数(2021年3月)~前月比上昇も、先行きは再び下振れ見込み

 ■国内景気週報(4/19~4/23)3月の全国百貨店売上高(店舗調整後)は、前年比+21.8%と18ヵ月ぶりの増加。

 ■2回目の緊急事態宣言下でも活況だったゴルフ練習場・ゴルフ場;コロナ禍を経てゴルフの楽しみ方はどう変わったか?

 ■サービス業、「企業向け」に復調の兆し~製造業の回復が一因、生産性の動きにも注目:リサーチ・アイ No.2021-006

 ■第3次産業活動指数(2021年2月)~前月比上昇も、先行きは不透明感が残る

 ■「規模別」協力金、状況改善もなお残る不公平感~飲食業以外のサービス業の扱いも課題:リサーチ・アイ No.2021-005

 ■国内景気週報(3/15~3/19)2月の貿易収支は2ヵ月ぶりの黒字。輸出は、中国向けの増加が続いたものの、米国、EU向けが自動車を中心に減少。

 ■今さら聞けない寄与度の話;コロナ禍からの観光関連産業の回復は、どれほどの影響があったのかを例に

 ■コロナ禍の逆風下でも絶好調!!;近年最高の活況となった2020年の「競輪・競馬等の競走場、競技団」

 ■統計解説:2020年12月のサービス産業 「対個人向け」に弱さで2か月連続低下~緊急事態宣言再び発出でさらに下振れ懸念も

 ■国内景気週報(2/15~2/19)2020年10~12月期の実質GDP(一次速報)は前期比年率+12.7%と、2四半期連続の大幅なプラス成長。

 ■鉱工業指数と第3次産業活動指数からみた2020年10-12月期の産業活動

 ■経済見通し No.2020-4 ~実質成長率は 2020年度▲5.1%、2021年度3.3%、2022年度1.6%と予測

 ■統計解説:2020年11月のサービス産業 6か月ぶりに低下~緊急事態宣言再び発出でさらに下振れ懸念

 ■統計解説:コロナ禍のダメージが突出する航空旅客運送業~第3次産業活動指数から探る

 ■国内景気週報(12/14~12/18)日銀短観12月調査の業況判断DIは、大企業・製造業、大企業・非製造業ともに2四半期連続の上昇

 ■鉱工業指数と第3次産業活動指数からみた2020年7-9月期の産業活動

 ■国内景気週報(11/9~11/13)9月の第3次産業活動指数は前月比+1.8%と、4ヵ月連続の上昇。Go To キャンペーンを利用した人出の増加などを背景に、生活娯楽関連サービスが上昇

 ■統計解説:8月のサービス産業活動 3か月連続で前月比上昇~基調判断も上方修正

 ■国内景気週報(10/12~10/16)8月の第3次産業活動指数は前月比+0.8%と、3ヵ月連続の上昇。自粛ムードの緩和や内食化の影響を受け小売業が上昇。

 ■統計解説:42年の歴史に幕 全産業活動指数に代わる代替指数とは~「鉱工業生産」「第3次産業活動」で同様の分析が可能に

 ■2019年のプロ野球観戦者数は過去最高を更新。何がプロ野球ファンを増やしたのか?

 ■国内景気週報(9/14~9/18)8月の貿易収支は2ヵ月連続の黒字。輸出は、中国向けの増加が続いた一方、欧米向けが自動車や原動機などを中心に減少

 ■全産業活動指数(2020年7月分)~全産業活動指数は、95.1、前月比1.3%の上昇。

 ■全産業活動指数の作成終了に際して;代替指数等のご紹介

 ■統計解説:前月の大幅上昇から一転 7月は反落のサービス産業活動~低下水準は小幅ながらも長雨などの天候不順響く

:  1    2    3    4    5    6    7    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
リーダーシップ 証券化  投資行動 男女共同参画  人的資本 フィラデルフィア連銀製造業景況指数  ベージュブック SWF  障害者雇用 中国 物価  中国 インフレ サービス業 生産性  協同組合 協同組織金融機関  大学改革 世代間格差  林業 ユーロ圏 景気  米国 大統領選挙 循環型社会  地方債 大阪経済  研究開発投資 賃貸住宅  円高 影響 不動産投資  排出量取引 政府系ファンド  企業規模 クレジットカード  労働市場 低炭素社会  中国 国有企業 財政健全化  ICT SaaS  税制改革 2008年 経済見通し  公会計 不動産証券化  感性 ERM  BPO 国際通貨  稲作 ヘッジファンド投資  福利厚生 デカップリング  つながり LNG  eラーニング NGO  ABL メキシコ経済  資源ナショナリズム 地域医療  外貨準備 運用 日銀 金融政策  第3次産業活動指数 キャリア教育  中小企業 景況 GCC  太陽電池 サービス化  GDPギャップ スタグフレーション  BOE 経済対策  アジア通貨 カーボン・オフセット  コンパクトシティ 再生可能エネルギー  次世代育成支援 中国 社会保障  グリーン物流 成年後見制度  ユビキタスネット社会 IFRS  国際財務報告基準 国際標準化  エコポイント コンビニエンスストア  M&A市場 中小企業 M&A  企業パフォーマンス 米国 インフレ  地方財政 社会資本整備  事業継続計画 BCP  プロジェクトマネジメント ロードマップ  オルタナティブ投資 退職給付  モチベーション 会計基準  営業 開発援助  ODA 農協  ゼロ金利 解除 貿易摩擦  ナノテクノロジー 全要素生産性  生命保険 マーケティング  観光振興 家計 金融資産  白書 農業参入  メンタルヘルス 中国 FTA  中国 脅威 グローバル・インバランス  フィンランド 富裕層  営業力 TOB  公開買付 ブラジル経済  FOMC モチベーション  人事制度 株券電子化  GDPデフレーター リース会計  米国 雇用統計 米国 鉱工業生産  企業会計 バイオエタノール  風力発電 地球温暖化 経済リポート

 
お奨めビジネス書