GDPデフレーター


GDPデフレーター”に関する経済レポート一覧:231

 ■よく分かる!経済のツボ『資源高で「下がる」物価指標とは?』

 ■日銀は円安無視でよいのか~インフレの分配問題から考える:門間一夫の経済深読み

 ■物価高で世界の政府債務は発散局面へ~わが国でもドーマー条件不成立、財政黒字化が必須:リサーチ・フォーカス No.2022-028

 ■情報化投資と労働生産性~身近なデジタルツールから見る国際収支...:シリーズ「情報経済社会を考える」

 ■ジワリ上がり始めた日本の物価:マクロ経済・経済政策

 ■主要経済指標 時系列チャート集

 ■【エコシル】日本の1-3月期GDPはマイナス成長~日本でもインフレの足音...

 ■バブル崩壊後の賃金の動向について~その間の物価の動向も踏まえつつ~

 ■2021~2023年度改訂見通し~春以降は景気が再び回復も、ウクライナ情勢の悪化がリスク:リサーチ・アイ No.2021-075

 ■米国のインフレ圧力の検証:コロナ感染収束だけでは解消しない公算:Economic Data Watch

 ■2021年10~12月期のGDP(1次速報)結果~感染第5波の収束を受けて大幅なプラス成長を達成

 ■2022・2023年度日本経済見通し(2022年2月改訂)~足元は停滞しているが、春以降景気は持ち直しへ。実質GDP成長率予測:2021年度2.5%、2022年度2.7%、2023年1.4%

 ■上がるCPI、下がるGDPデフレーター~海外への所得流出がもたらすGDPデフレーターの悪化:Economic Trends

 ■ゼロインフレの驚異的な磁力~「0.2%の壁」は破れるか:門間一夫の経済深読み

 ■日本経済の中期見通し(2021~2030年度)~コロナ禍の教訓を活かせるかが中期的な成長力を左右する

 ■2021年4~6月期のGDP(2次速報)予測~やや上方修正される見込みだが、景気に対する評価に変化はない

 ■日本経済の回復力をどうみるか~ワクチン普及が光明となるも不確実性が残存:みずほインサイト 日本経済

 ■QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.3%)~2四半期ぶりのプラス成長も、均してみれば停滞が続く:Weekly エコノミスト・レター

 ■コロナショックで深刻化する「スクリューフレーション」~低・中所得層を苦しめる物価の二極化:Economic Trends

 ■インフレーションVSコモフレーション:門間一夫の経済深読み

 ■GDPとGNIの乖離は何を意味するのか:コロナ下の交易条件悪化:齋藤潤の経済バーズアイ

 ■2021/2022年度短期経済見通し(2021年5月)~引き続き感染状況に左右され、景気は緩やかな回復ペースにとどまる

 ■2021年1~3月期のGDP(1次速報)予測~緊急事態宣言発出で再びマイナス成長に陥るも、深刻な落ち込みは回避される

 ■コロナ下でのデフレ加速:齋藤潤の経済バーズアイ(第105回)

 ■2020年7-9月期 GDP 2次速報予測~2020年7-9月期の実質GDP成長率は、季調済前期比+4.9%(年率+21.0%)と予測

 ■2020年4~6月期のGDP(2次速報)予測~2020年4~6月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比-8.1%(年率換算-28.5%)

 ■新政権の政策課題:包摂的な成長経済の実現:齋藤潤の経済バーズアイ

 ■2020年1~3月期のGDP(1次速報)予測~新型コロナウイルスの感染拡大で個人消費を中心に2四半期連続のマイナス成長。前期比-1.7%(年率換算-6.5%)

 ■2019年10~12月期のGDP(2次速報)予測~前期比-1.8%(年率換算-7.1%)と1次速報値の同-1.6%(同-6.3%)から下方修正される見込み...

 ■2019/2020年度短期経済見通し(2020年2月)~消費増税のマイナス効果一巡で景気は持ち直すが、新型肺炎の感染拡大で回復に遅れも

 ■問われている労働の質:五十嵐敬喜コラム

 ■生産性を上げるということ~「安く」ではなく「相応しい価格」で売るということ...:五十嵐敬喜コラム

 ■米国は緩やかな成長軌道(19年4QGDP:1次推計) ~国内最終需要は鈍化も堅調な基調を維持

 ■2019年10~12月期のGDP(1次速報)予測~消費増税の影響で個人消費を中心に大幅なマイナス。前期比-0.9%(年率換算-3.7%)...

 ■幼児教育無償化とGDP ~幼児教育無償化はGDPにおいてどう取り扱われるか:Economic Trends

 ■【中国を読む】インフレよりもデフレを懸念

 ■米国 19年3QのGDPは小幅加速に改定(2次推計) ~在庫投資の上方修正による加速であり景気判断は変わらない

 ■四半期別GDP速報(2019年7-9月期・1次速報)~前期比+0.1%、年率で+0.2%

 ■2019年7-9月期の実質GDP~前期比0.1%(年率0.2%)を予測:Weekly エコノミスト・レター

 ■2019年7~9月期のGDP(1次速報)予測~増税前の駆け込み需要があっても伸びは小幅にとどまる

 ■成長を目指す企業をどう支えるか 法人所得税からキャッシュフロー課税に:税・社会保障改革

 ■2019/2020年度短期経済見通し(2019年9月)(2次QE反映後)~消費増税、海外経済の減速で景気の下振れリスクが高まる

 ■2019年4-6月期の実質GDP~前期比▲0.1%(年率▲0.2%)を予測:Weekly エコノミスト・レター

 ■デフレ脱却にどこまで近づいたのか?~企業の「期待」を高められるかがカギ

 ■2018年10~12月期のGDP(2次速報)予測~実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比+0.5%(年率換算+2.1%)と1次速報値の同+0.3%(同+1.4%)から上方修正される見込み

 ■米国18年10-12月期GDP(1・2次推計)は減速 ~減速したものの依然高い伸び

 ■2018年10-12月期の実質GDP~前期比0.3%(年率1.3%)を予測:Weekly エコノミスト・レター

 ■2018年10~12月期のGDP(1次速報)予測 ~実質GDP成長率は前期比+0.2%(年率換算+0.9%)

 ■DIO 2019年2月号~特集:『平成』の30年は何を残したのか

 ■中国、成長目標達成の背後で忍び寄るディスインフレ圧力 ~過剰債務問題と景気下支え、相反する課題への対応は困難さを増すであろう:Asia Trends

:  1    2    3    4    5    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
 国債管理政策  公的債務管理 リスクマネジメント  少子化対策 住宅ローン  減損会計 情報セキュリティ  産業構造 IT投資  デフレ脱却 政府系金融機関  投資戦略 高齢 雇用  内部統制  ガバナンス  フランス 経済  ドイツ 経済  東欧 経済 ロシア 経済  人材マネジメント  雇用 ミスマッチ  韓国 経済  ASEAN  EPA  量的緩和政策  バーナンキ  企業価値 向上  ブラウンフィールド  土壌汚染  台湾 経済  財政改革  財政再建  企業戦略  医療制度改革  ユビキタス  ICタグ  RFID  イノベーション  地下経済  国内回帰  工場立地  中国市場  インフレ目標  インフレターゲット  中国 リスク  ストック・オプション  経営革新  e-文書法  ITアウトソーシング  ダイバーシティ  団塊ジュニア  所得格差  自動車産業  投資サービス法  東アジア共同体  外国人労働者  SOX法  女性 労働  労働生産性  年金制度  就業形態  日中関係  地域経営  道州制  まちづくり  税制改正  インフルエンザ 経済  ブラジル  予防原則  コンテンツ産業  地域活性化  中小企業金融  地方分権  企業再生  事業再生  経営改革  産業再生機構  景気動向指数  消費者物価指数  電力自由化  消費者信頼感指数  日本経済 復活  景気ウォッチャー調査  地域 格差  新エネルギー  宇宙産業  農政改革  ソフトパワー  格差拡大  貯蓄率  消費動向  病院経営  米国 耐久財受注  LLC  パブリックビジネス  ロングテール  産業クラスター  企業価値  地域ブランド  観光立国  技術経営  行政評価  見える化  地域再生  環境ビジネス  ボーナス 見通し  バイオマス  継続雇用制度  R&D  信用リスク  デリバティブ  政策評価  中国 自動車  CDM  原油 高騰  金融商品取引法  サプライチェーン  ロジスティクス  中国 台頭  排出権取引  セキュリティ対策  CSR 金融機関  大学経営  リレーションシップバンキング  地域金融機関  中小企業 貸出  産業集積  燃料電池  水道事業  期待インフレ率  アジア債券市場  交易条件  ものづくり  子育て  高齢化

 
お奨めビジネス書