景気ウォッチャー調査


景気ウォッチャー調査”に関する経済レポート一覧:1227

 ■景気ウォッチャー調査 2020年3月の中国地域調査結果の概況~景気の現状判断DI(合計)は、前月を13.9ポイント下回る16.9となった。

 ■Kansai Economic Insight Monthly Vol.84 ~景気は足下悪化・先行きも悪化を見込む

 ■国内景気週報(4/6~4/10)3月の景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが14.2(前月差▲13.2ポイント)、先行き判断DIが18.8(同▲5.8ポイント)と大幅に悪化し、調査開始以来の最低水準に。

 ■テキストマイニングで探る新型コロナの影響(3月版)~雇用に危険信号が灯っている:Economic Trends

 ■暖冬が消費に与えた影響について:今週の指標 No.1236

 ■景気ウォッチャー調査(2020 年3月) ~新型コロナウイルスの影響が深刻化、街角景気は過去最低水準に

 ■【キーワード】『街角景気』は新型コロナの影響で大幅に悪化

 ■景気ウォッチャー調査・近畿地域結果(2020年3月)~新型コロナウイルスの影響で、現状判断は過去最低の水準に

 ■景気ウォッチャー調査(東海地区:2020年3月)~新型コロナウイルス感染症の影響でDIの大幅低下が続く

 ■景気ウォッチャー調査(令和2年3月調査)~新型コロナウイルス感染症の影響により、極めて厳しい状況にある。

 ■景気ウォッチャー調査で確認されるコロナ禍:木内登英のGlobal Economy & Policy Insight

 ■令和2年3月の景気ウォッチャー調査結果(東北分)~現状判断DIは「15.9」と2ヶ月連続で前月を下回った。前月と比較し▲15.2ポイントと大幅に下回った。

 ■4月のトピック「景気判断理由で新型コロナウイルスについてのコメントは6割近くに。新型コロナウイルスに翻弄され、6~7年ぶりの悪いデータが散見。「アビガン」などが、新型コロナウイルスの治療薬になることを期待」:宅森昭吉のエコノミックレポート

 ■グローバル経済 各国経済の6ヶ月見通し

 ■いわて景気ウォッチャー調査結果 2020年1月調査~現状判断は7期連続で50を下回る

 ■コロナ危機の性格分析 ~リーマンとは何がどう違っているのか:Economic Trends

 ■景気ウォッチャー調査 2020年2月の中国地域調査結果の概況~景気の現状判断DI(合計)は、前月を9.8ポイント下回る30.8。

 ■景気ウォッチャー調査(2月調査)」における新型コロナウイルスのコメントを用いた分析:今週の指標 No.1235

 ■国内景気週報(3/9~3/13)2月の景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが27.4(前月差▲14.5ポイント)、先行き判断DIが24.6(同▲17.2ポイント)と大幅に悪化

 ■景気ウォッチャー調査(2020年2月) ~新型コロナウイルスの感染拡大により、街角の景況感は大幅に悪化

 ■首都東京の経済を直撃した新型コロナウイル:木内登英のGlobal Economy & Policy Insight

 ■テキストマイニングで探る新型コロナウイルスの影響 ~これまでの危機との類似点・相違点は何か:Economic Trends

 ■景気ウォッチャー調査・近畿地域結果(2020年2月)~ 新型コロナウイルスの影響で、現状判断は約9年ぶりの低水準

 ■令和2年2月の景気ウォッチャー調査結果(東北分)~現状判断DIは「31.1」と3ヶ月ぶりに前月を下回った。前月と比較し▲10.2ポイントと大幅に下回った。

 ■景気ウォッチャー調査(令和2年2月調査)~新型コロナウイルス感染症の影響により、急速に厳しい状況となっている。

 ■景気ウォッチャー調査(東海地区:2020年2月)~新型コロナウイルス問題でDIが大幅に低下

 ■今月のグラフ(2020年3月)自粛長期化ならリーマンショック並みの消費下押し

 ■新型肺炎と日本経済~デフレへの逆戻りは避けられるか?

 ■金融マーケット:聞け 街角の声

 ■いわて景気ウォッチャー調査結果 2020年1月調査~景況判断は現状、先行きともに50を下回る

 ■景気ウォッチャー調査 2020年1月の中国地域調査結果の概況~景気の現状判断DI(合計)は、前月を0.9ポイント上回る40.6

 ■第65回 静岡県版 景気ウォッチャー調査(2020年1月)~消費増税と暖冬で消費は低迷、新型肺炎の拡大を懸念

 ■国内景気週報(2/10~2/14)1月の景気ウォッチャー調査は、現状判断DIが41.9(前月差+2.2ポイント)と上昇した一方、先行き判断DIが41.8(同▲3.7ポイント)と低下

 ■景気ウォッチャー調査・近畿地域結果(2020年1月)~新型コロナウイルスの影響で、先行き判断は大きく低下

 ■景気ウォッチャー調査(2020年1月) ~新型コロナウイルスの感染拡大が新たな懸念材料に

 ■令和2年1月の景気ウォッチャー調査結果(東北分)~現状判断DIは「41.3」と2ヶ月連続で前月を上回った。前月と比較し2.3ポイントとやや上回った。

 ■景気ウォッチャー調査(令和2年1月調査)~このところ回復に弱い動きがみられる。先行きについては、新型コロナウイルス感染症の拡大等に対する懸念がみられる。

 ■景気ウォッチャー調査(東海地区:2020年1月)~現状判断は上昇するも、新型コロナウイルス問題で先行き判断が低下

 ■景気ウォッチャー調査に見る新型肺炎の影響:木内登英のGlobal Economy & Policy Insight

 ■景気ウォッチャー調査 2019年12月の中国地域調査結果の概況~景気の現状判断DI(合計)は、前月を0.5ポイント上回る39.7となった

:  1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
 国債管理政策  公的債務管理 リスクマネジメント  少子化対策 住宅ローン  減損会計 情報セキュリティ  産業構造 IT投資  デフレ脱却 政府系金融機関  投資戦略 高齢 雇用  内部統制  ガバナンス  フランス 経済  ドイツ 経済  東欧 経済 ロシア 経済  人材マネジメント  雇用 ミスマッチ  韓国 経済  ASEAN  EPA  量的緩和政策  バーナンキ  企業価値 向上  ブラウンフィールド  土壌汚染  台湾 経済  財政改革  財政再建  企業戦略  医療制度改革  ユビキタス  ICタグ  RFID  イノベーション  地下経済  国内回帰  工場立地  中国市場  インフレ目標  インフレターゲット  中国 リスク  ストック・オプション  経営革新  e-文書法  ITアウトソーシング  ダイバーシティ  団塊ジュニア  所得格差  自動車産業  投資サービス法  東アジア共同体  外国人労働者  SOX法  女性 労働  労働生産性  年金制度  就業形態  日中関係  地域経営  道州制  まちづくり  税制改正  インフルエンザ 経済  ブラジル  予防原則  コンテンツ産業  地域活性化  中小企業金融  地方分権  企業再生  事業再生  経営改革  産業再生機構  景気動向指数  消費者物価指数  電力自由化  消費者信頼感指数  日本経済 復活  景気ウォッチャー調査  地域 格差  新エネルギー  宇宙産業  農政改革  ソフトパワー  格差拡大  貯蓄率  消費動向  病院経営  米国 耐久財受注  LLC  パブリックビジネス  ロングテール  産業クラスター  企業価値  地域ブランド  観光立国  技術経営  行政評価  見える化  地域再生  環境ビジネス  ボーナス 見通し  バイオマス  継続雇用制度  R&D  信用リスク  デリバティブ  政策評価  中国 自動車  CDM  原油 高騰  金融商品取引法  サプライチェーン  ロジスティクス  中国 台頭  排出権取引  セキュリティ対策  CSR 金融機関  大学経営  リレーションシップバンキング  地域金融機関  中小企業 貸出  産業集積  燃料電池  水道事業  期待インフレ率  アジア債券市場  交易条件  ものづくり  子育て  高齢化

 
景気ウォッチャー調査関連の本
経済指標はこう読む わかる・使える45項
日経文庫A1 経済指標の読み方(上)
日経文庫A2 経済指標の読み方(下)
経済指標を読む技術―統計データから日本経済の実態がわかる
投資家のための金融マーケット予測ハンドブック
知っておきたい日本経済70の勘どころ
統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?