景気ウォッチャー調査


景気ウォッチャー調査”に関する経済レポート一覧:1155

 ■景気ウォッチャー調査 2019年9月の中国地域調査結果の概況~景気の現状判断DI(合計)は、前月を0.7ポイント上回る44.2となった。

 ■国内景気週報(10/7~10/11)8月の景気動向指数(CI一致指数)は、前月差▲0.4ポイントと2ヵ月ぶりの低下。内閣府は基調判断を「悪化を示している」に下方修正

 ■景気ウォッチャー調査(2019年9月) ~消費増税の影響により、現状判断DIは改善、先行き判断DIは悪化

 ■当面のインバウンド消費の見方~訪日韓国人の減少分をラグビーワールドカップ効果が相殺:リサーチ・アイ No.2019-030

 ■【キーワード】『街角景気』、駆け込み需要で上振れ

 ■景気ウォッチャー調査・近畿地域結果(2019年9月)~現状判断は増税前の駆け込み需要で上昇も、先行きは急激に低下

 ■令和元年9月の景気ウォッチャー調査結果(東北分)~現状判断DIは「46.2」と2ヶ月連続で前月を上回った。前月と比較し+5.0ポイントと大幅に上回った。

 ■景気ウォッチャー調査(令和元年9月調査)~このところ回復に弱い動きがみられる。
掲載日:2019-10-09 発表元:内閣府
キーワード:景気ウォッチャー調査 | 景気の現状 | 景気の先行き | 地域経済 | 日本経済 | 消費者マインド...

 ■景気ウォッチャー調査(東海地区:2019年9月)~現状判断DIは駆け込み消費で大幅改善、先行きは一段と悪化

 ■いわて景気ウォッチャー調査 2019年7月調査~景況判断は5期連続で50を下回る

 ■景気ウォッチャー調査 2019年8月の中国地域調査結果の概況~景気の現状判断DI(合計)は、前月を0.7ポイント下回る43.5となった。

 ■国内景気週報(9/9~9/13)7月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比▲6.6%と2ヵ月ぶりの減少

 ■経済指標の要点(8/14~9/17発表統計分):日本
掲載日:2019-09-18 発表元:大和総研
キーワード:経済指標の要点 | 鉱工業生産 | 日本 輸出 | 機械受注 | 失業率 | 有効求人倍率...

 ■【キーワード】『街角景気』は先行きが大きく悪化

 ■耐久財の駆け込み需要が鈍い理由~買い替えサイクルのピークアウトや節約志向が背景:みずほインサイト 日本経済

 ■景気ウォッチャー調査(2019年8月) ~消費増税に対する不安感から、先行き判断DIは大きく悪化

 ■景気ウォッチャー調査・近畿地域結果(2019年8月)~DIは前月を上回るも、日韓問題による訪日客の減少が顕在化

 ■令和元年8月の景気ウォッチャー調査結果(東北分)~現状判断DIは「41.2」と4ヶ月ぶりに前月を上回った。前月と比較し+3.2ポイントとやや上回った。

 ■景気ウォッチャー調査(令和元年8月調査)~このところ回復に弱い動きがみられる。
掲載日:2019-09-10 発表元:内閣府
キーワード:景気ウォッチャー調査 | 景気判断理由集 | 景気の現状 | 景気 | 地域経済 | 日本経済...

 ■景気ウォッチャー調査(東海地区:2019年8月)~現状判断DIは低水準が続く、先行きは一段と悪化

 ■9月のトピック「7月の景気ウォッチャー調査によると景況感の足を引っ張ったのは1.米中貿易摩擦、韓国などの海外要因、2.消費税引き上げ、3.天候要因など...」:宅森昭吉のエコノミックレポート

 ■金融マーケット:株価に反映される日本経済の肌寒さ

 ■設備投資のモメンタムは鈍化~テキスト分析から浮彫りになる内憂外患の構図:みずほインサイト 日本経済

 ■いわて景気ウォッチャー調査 2019年7月調査~景況判断は現状、先行きともに50を下回る

 ■消費税率引き上げ後の消費 ~値引きによる消費てこ入れ:Economic Trends

 ■第63回 静岡県版 景気ウォッチャー調査(2019年7月)~景気後退感が鮮明に 先行きに対しても厳しい見方が

 ■景気ウォッチャー調査 2019年7月の中国地域調査結果の概況~景気の現状判断DI(合計)は、前月を0.3ポイント上回る44.2となった。

 ■国内景気週報(8/5~8/9)4~6月期の実質GDPは、前期比年率+1.8%と3四半期連続のプラス成長。堅調な内需が成長率を押し上げ

 ■経済指標の要点(7/18~8/13発表統計分):日本
掲載日:2019-08-14 発表元:大和総研
キーワード:経済指標の要点 | 鉱工業生産 | 日本 輸出 | 機械受注 | 失業率 | 有効求人倍率...

 ■【キーワード】『街角景気』は大幅悪化、梅雨明け遅れの影響も

 ■景気ウォッチャー調査(2019年7月) ~天候要因や10月に控える消費増税により、現状判断DI、先行き判断DIは共に悪化
掲載日:2019-08-10 発表元:第一生命経済研究所
キーワード:景気ウォッチャー調査 | 天候要因 | 消費増税 | 景気の現状 | 景気 | 地域経済...

 ■景気ウォッチャー調査・近畿地域結果(2019年7月)~梅雨明けの遅れや低めの気温などにより、DIは続落

 ■令和元年7月の景気ウォッチャー調査結果(東北分)~現状判断DIは「38.0」と3ヶ月連続で前月を下回った。前月と比較し▲2.7ポイントとやや下回った。

 ■景気ウォッチャー調査(令和元年7月調査)~天候など一時的な下押し要因もあり、このところ回復に弱い動きがみられる。
掲載日:2019-08-09 発表元:内閣府
キーワード:景気ウォッチャー調査 | 景気の現状 | 景気 | 地域経済 | 日本経済 | 消費者マインド...

 ■景気ウォッチャー調査(東海地区:2019年7月)~現状判断DIは長雨、低気温の影響により低下

 ■時評:韓流、タピオカと人工知能
掲載日:2019-08-02 発表元:第一生命経済研究所
キーワード:時評 | 韓流ブーム | タピオカブーム | 人工知能ブーム | AIブーム | ビッグデータ...

 ■8月のトピック「令和婚で5月の婚姻件数前年比ほぼ倍増に。一方、離婚増は平成最後の月に。「2000万円」報告書なければ現状判断DI悪化は回避できたのに...」:宅森昭吉のエコノミックレポート

 ■景気ウォッチャー調査 2019年6月の中国地域調査結果の概況~景気の現状判断DI(合計)は、前月を0.5ポイント下回る43.9となった。

 ■自然言語処理による景況感ニュース指数の構築とボラティリティ予測への応用

 ■ゆうちょ資産研レポート 2019年7月号~消費マインドは前回の消費増税時より悪化 / 今の日本経済は消費増税に耐えられるのか / 主流派とMMTの議論を包含できる ネットの国内資金需要の分析フレーム...

:  1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
 国債管理政策  公的債務管理 リスクマネジメント  少子化対策 住宅ローン  減損会計 情報セキュリティ  産業構造 IT投資  デフレ脱却 政府系金融機関  投資戦略 高齢 雇用  内部統制  ガバナンス  フランス 経済  ドイツ 経済  東欧 経済 ロシア 経済  人材マネジメント  雇用 ミスマッチ  韓国 経済  ASEAN  EPA  量的緩和政策  バーナンキ  企業価値 向上  ブラウンフィールド  土壌汚染  台湾 経済  財政改革  財政再建  企業戦略  医療制度改革  ユビキタス  ICタグ  RFID  イノベーション  地下経済  国内回帰  工場立地  中国市場  インフレ目標  インフレターゲット  中国 リスク  ストック・オプション  経営革新  e-文書法  ITアウトソーシング  ダイバーシティ  団塊ジュニア  所得格差  自動車産業  投資サービス法  東アジア共同体  外国人労働者  SOX法  女性 労働  労働生産性  年金制度  就業形態  日中関係  地域経営  道州制  まちづくり  税制改正  インフルエンザ 経済  ブラジル  予防原則  コンテンツ産業  地域活性化  中小企業金融  地方分権  企業再生  事業再生  経営改革  産業再生機構  景気動向指数  消費者物価指数  電力自由化  消費者信頼感指数  日本経済 復活  景気ウォッチャー調査  地域 格差  新エネルギー  宇宙産業  農政改革  ソフトパワー  格差拡大  貯蓄率  消費動向  病院経営  米国 耐久財受注  LLC  パブリックビジネス  ロングテール  産業クラスター  企業価値  地域ブランド  観光立国  技術経営  行政評価  見える化  地域再生  環境ビジネス  ボーナス 見通し  バイオマス  継続雇用制度  R&D  信用リスク  デリバティブ  政策評価  中国 自動車  CDM  原油 高騰  金融商品取引法  サプライチェーン  ロジスティクス  中国 台頭  排出権取引  セキュリティ対策  CSR 金融機関  大学経営  リレーションシップバンキング  地域金融機関  中小企業 貸出  産業集積  燃料電池  水道事業  期待インフレ率  アジア債券市場  交易条件  ものづくり  子育て  高齢化

 
景気ウォッチャー調査関連の本
経済指標はこう読む わかる・使える45項
日経文庫A1 経済指標の読み方(上)
日経文庫A2 経済指標の読み方(下)
経済指標を読む技術―統計データから日本経済の実態がわかる
投資家のための金融マーケット予測ハンドブック
知っておきたい日本経済70の勘どころ
統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?