交易条件


交易条件”に関する経済レポート一覧:519

 ■強いドルに対して各国が取るべき対応 ~通貨安の圧力に対する政策対応は、為替相場の変動要因と、市場混乱の兆候を中心に考えるべきである

 ■中小企業の財務指標からみた経営状況~物価高・元利返済・人手不足などの中小企業の経営環境を取り巻く影響を考察:内外経済・金融動向

 ■9月短観から見た22年度業績見通し~運輸、対個人・宿泊・飲食サービスに大幅上方修正期待。円高水準の想定レートにも注目:Economic Trends

 ■交易条件の悪化と賃上げ:齋藤潤の経済バーズアイ(第126回)

 ■景気見通し(2022年秋)~薄氷の景気回復持続、米欧に依存。最大のリスクである米欧景気後退の確率は30%

 ■エネルギーコストの増大で失われるドイツ経済の活力~転換点を迎えたドイツ経済

 ■米国経済展望2022年9月号~トピックス:交易条件の改善がマクロの所得形成を下支え / 住宅価格の上昇ペースは鈍化

 ■豪州、家計消費と資源輸出、外国人観光客が景気を下支えする展開~先行きは景気の下押し材料が山積の一方、下支えの材料も見込まれ、緩やかな拡大が続く可能性:Asia Trends

 ■ブラジルGDP(2022年4-6月期)~内需がけん引役となり高成長を記録:経済・金融フラッシュ

 ■景気回復に向けたメキシコ経済の状況:国際通貨研レポート

 ■〔講演〕内外景気の現状と今後の見通し:証券レビュー

 ■原油安の背景とその影響~原油価格下落はロシアの増産が主因...:共済総研フラッシュ

 ■世界経済ウィークリー・アップデート 2022年8月22日 ~日本の物価に見られる特徴とその動向...

 ■実質GDPのコロナ前水準回復をどうみるか~実態としての回復はまだ道半ば:リサーチ・アイ No.2022-036

 ■タイの経済・政治情勢~緩やかな景気回復が続く中、政治の駆け引きが活発化:国際通貨研レポート

 ■本当は2四半期連続悪化の日本経済~国内所得増加に必要な国内自給率向上と経済安全保障の強靭化:Economic Trends

 ■QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.5%(年率2.2%)~消費主導のプラス成長:Weekly エコノミスト・レター

 ■2022年4-6月期GDP(1次速報)~個人消費の増加等で前期比年率+2.2%となるもGDIはマイナス成長:日本

 ■労働生産性向上の果実を賃金上昇につなげるために:シリーズ「情報経済社会を考える」

 ■時論:「円安悪玉論」の誤解と本質

 ■[BBLセミナー]円相場と日本経済の行方:最近の急速な円安をどう考えるか?【議事録】

 ■具現化する冷戦2.0の世界~国際情勢の変化を踏まえた日本・関西経済の現状評価と展望

 ■企業物価指数(2022年6月)~資源高による押し上げが続く。先行きは欧米諸国の景気減速懸念に注意

 ■ブラジル大統領選の見通し~第2次ルラ政権誕生か:IIMAの目 NO.17

 ■2022年6月日銀短観~外部環境悪化と国内経済活動再開が製・非製の業況の明暗を分ける: 日本

 ■通商白書2022 ~地政学的不確実性のもたらす経済リスクと世界経済の動向

 ■日銀は「悪い円安」を是正できない~交易条件の違いが日米の金融政策スタンスを決める:Mizuho RT EXPRESS

 ■ニュージーランド、景気は予想外に躓くも内需の堅調な推移を確認~先行きは物価高と金利高の共存が重石となるも、商品高に伴う交易条件改善との綱引きが続くか:Asia Trends

 ■ブラジル中銀、利上げサイクルを継続も次回は「同程度かそれ以下」で~レアル相場、ボベスパ指数は外部環境に左右される状況が続くことは避けられそうにない:World Trends

 ■資源高を享受しにくいブラジル~輸入物価の急上昇で、しばらく金融引き締めが内需を下押し:新興国

 ■豪中銀、市場予想を上回る「タカ派」傾斜に動く~先行きも追加利上げに含み、豪ドル相場は一段の上値を探る可能性が高まっている:Asia Trends

 ■円安、資源高、海外情勢と日本経済~物価上昇の背景とマクロモデルシミュレーション

 ■円安が日本経済に与える影響:齋藤潤の経済バーズアイ(第122回)

 ■共済総研レポート No.181~交易条件悪化と円安の同時進行にどう向き合うか / なぜ円安でも輸出が増えないのか? / 大手生損保による少額短期保険会社の設立...

 ■交易条件悪化と円安の同時進行にどう向き合うか~求められる中長期的視点からの対応

 ■アジア・トーク「インドネシア経済の魅力に注目」インドネシアの投資環境は?~株式市場も債券市場も見通し良好

 ■日本のインフレ展望と将来の財政リスク~コアCPI上昇率は2%程度をピークに1%弱へと低下していく見込み:日本

 ■ニュージーランド中銀、「より大きく、より早い」金融引き締めを示唆~堅調な雇用、財政支援、交易条件の改善、行動制限緩和がインフレ圧力となることを引き続き警戒:Asia Trends

 ■CPI前年比+2%超えの裏に隠れた課題~家計の「節約志向指数」は上昇、価格転嫁は不十分:Mizuho RT EXPRESS

 ■速報:1-3月期の実質GDPは前期比▲0.2%(年率▲1.0%)~消費、外需の悪化で2四半期ぶりのマイナス成長:Weekly エコノミスト・レター

 ■交易損失拡大で大幅に落ち込んだ実質GDI~21年度の実質GDIは前年比+0.1%にとどまる。進む海外への所得流出:Economic Trends

 ■2022年1-3月期GDP(1次速報)~感染状況の悪化や自動車減産もあって前期比年率▲1.0%:日本

 ■年明けのタイ経済は内・外需双方で底入れも、先行きは難問山積~商品市況の上振れによるインフレ、金融市場ではバーツ安、中銀は政策対応を迫られる懸念も:Asia Trends

 ■企業物価指数(2022年4月)~需給ひっ迫で幅広い品目の上昇が続き、前年比+10%の上昇

 ■日本の経常赤字と産業空洞化:金融市場

 ■インドネシア、堅調な内需が景気をけん引する一方、足下ではインフレが忍び寄る動きも~外需の不透明感が増すなかで対外収支悪化のリスク、急激な政策の巻き戻しを要する可能性も:Asia Trends

 ■豪中銀、約11年半ぶりとなる利上げ実施を決定~モリソン政権には安保問題に加え、経済問題も総選挙に向けた逆風となる可能性が高まっている:Asia Trends

 ■ブラジル中銀、追加利上げも景気に配慮せざるを得ない難しい状況に直面~主要国中銀のタカ派傾斜は通貨レアル相場の重石となる可能性があり、難しい政策対応を迫られる:World Trends

 ■原油高、円安は経常収支の赤字をもたらすか:今月のトピックスNo.367

 ■足下の商品高はブラジル経済にとって吉と出るか凶と出るか~実は交易条件が急速に悪化、物価高と政治リスクが景気回復の足かせとなる状況は続こう:World Trends

:  1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
 国債管理政策  公的債務管理 リスクマネジメント  少子化対策 住宅ローン  減損会計 情報セキュリティ  産業構造 IT投資  デフレ脱却 政府系金融機関  投資戦略 高齢 雇用  内部統制  ガバナンス  フランス 経済  ドイツ 経済  東欧 経済 ロシア 経済  人材マネジメント  雇用 ミスマッチ  韓国 経済  ASEAN  EPA  量的緩和政策  バーナンキ  企業価値 向上  ブラウンフィールド  土壌汚染  台湾 経済  財政改革  財政再建  企業戦略  医療制度改革  ユビキタス  ICタグ  RFID  イノベーション  地下経済  国内回帰  工場立地  中国市場  インフレ目標  インフレターゲット  中国 リスク  ストック・オプション  経営革新  e-文書法  ITアウトソーシング  ダイバーシティ  団塊ジュニア  所得格差  自動車産業  投資サービス法  東アジア共同体  外国人労働者  SOX法  女性 労働  労働生産性  年金制度  就業形態  日中関係  地域経営  道州制  まちづくり  税制改正  インフルエンザ 経済  ブラジル  予防原則  コンテンツ産業  地域活性化  中小企業金融  地方分権  企業再生  事業再生  経営改革  産業再生機構  景気動向指数  消費者物価指数  電力自由化  消費者信頼感指数  日本経済 復活  景気ウォッチャー調査  地域 格差  新エネルギー  宇宙産業  農政改革  ソフトパワー  格差拡大  貯蓄率  消費動向  病院経営  米国 耐久財受注  LLC  パブリックビジネス  ロングテール  産業クラスター  企業価値  地域ブランド  観光立国  技術経営  行政評価  見える化  地域再生  環境ビジネス  ボーナス 見通し  バイオマス  継続雇用制度  R&D  信用リスク  デリバティブ  政策評価  中国 自動車  CDM  原油 高騰  金融商品取引法  サプライチェーン  ロジスティクス  中国 台頭  排出権取引  セキュリティ対策  CSR 金融機関  大学経営  リレーションシップバンキング  地域金融機関  中小企業 貸出  産業集積  燃料電池  水道事業  期待インフレ率  アジア債券市場  交易条件  ものづくり  子育て  高齢化

 
お奨めビジネス書