金融資産


金融資産”に関する経済レポート一覧:889

 ■2016年の個人金融資産動向:回顧と今後注目すべき潮流:個人マーケット

 ■APEC地域における保険・年金分野の考察:Newsletter No.5
掲載日:2017-02-11 発表元:国際通貨研究所
キーワード:APEC 金融 | APFF | APEC 保険 | アジア 家計資産 | アジア リスク資産 | アジア 高齢者人口...

 ■拡大が期待されたシニア世代の消費の伸び悩み~経済的制約下にある団塊世代に必要な「半年金・半就業」スタイル:リサーチ・アイ

 ■個人リテール金融市場の注目点~政策の転換を迎えた2016年

 ■資金循環統計(2016年7-9月期)~生保による対外証券投資は3期連続で過去最高の買い越し額を記録:金融資本市場

 ■資金循環統計(2016年7-9月期)~政府財政の改善に貢献する社会保障基金

 ■資金循環統計(16年7-9月期)~個人金融資産は前年比10兆円増の1752兆円、リスク性資産への投資は進まず

 ■資産の世代間移転の状況~現役世代への資産移転は進んでいるか:研究員の眼

 ■気になる格差の数字

 ■将来の生活を支援する「投資教育」 ~資産形成のサポートを通じて
掲載日:2016-12-07 発表元:三菱UFJ信託銀行
キーワード:投資教育 | 確定拠出年金 有効活用 | 長期投資 | 分散投資 | 将来の生活 | 家計 資産形成...

 ■金融資産連関2016 ~マイナス金利政策導入による影響:金融ITフォーカス特別号
掲載日:2016-12-01 発表元:野村総合研究所
キーワード:金融資産連関表 | マイナス金利政策 影響 | 金融政策 転換 | MMF 消滅 | MRF | 貸出金利 低下...

 ■日本の富裕層は122万世帯、純金融資産総額は272兆円~いずれも2013年から2015年にかけて増加、今後富裕層の生前贈与が活発化する見込み

 ■第4回:非課税投資で個人金融資産の1割を~米国のIRA(個人退職勘定)、日本のNISAも個人金融資産の1割を目指せるか...

 ■日本の資産運用ビジネス2016/2017~巻頭言:構造変化に資産運用会社はどう対応するのか

 ■資産形成は進んでいるか~全国消費実態調査からみる家計貯蓄の変化:研究員の眼

 ■マイナス金利政策下でさまよう個人資金~個人金融資産動向:2016年第2四半期:個人マーケット

 ■米国の後見制度下にある保全資産運用の枠組み~長期分散投資の追求:個人マーケット【要約】

 ■顧客本位の業務運営を求める「金融レポート」:金融市場

 ■マイナス金利で見直される個人向け国債:ニッセイ年金ストラテジー

 ■家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成28年)

 ■家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成28年)

 ■現役世代の将来不安と消費~満たされなかった貯蓄動機が個人消費の回復を阻む:経済・社会構造分析レポート
掲載日:2016-11-01 発表元:大和総研
キーワード:現役世代 消費低迷 | 消費低迷 背景 | 将来不安 | 貯蓄率 消費支出 | 貯蓄動機 | 金融純資産...

 ■第1回:「貯蓄から投資へ」がうまくいかなかったのはなぜか?

 ■医療費適正化に向けた給付と負担のあり方に関する調査研究報告書

 ■家計の資産選択と金融所得課税:税制改革~エビデンスに基づいた政策提言
掲載日:2016-10-29 発表元:財務総合政策研究所
キーワード:家計 資産選択 | 資産選択行動 | 資産課税 | 金融所得課税 | 現金・預金 | 金融資産...

 ■第104回東京財団フォーラムレポート「これからの社会に求められる税と社会保障のグランドデザインとは」
掲載日:2016-10-28 発表元:東京財団
キーワード:日本 所得格差 | 日本 ジニ係数 | 日本 中間層 | 再分配政策 | 給付付き税額控除 | 所得補足...

 ■明日への話題:為さざる有るなり、而して後、以て為す有るべし
掲載日:2016-10-26 発表元:資本市場研究会
キーワード:貯蓄から投資へ | 有価証券 | 証券 | 銀行業 | 相談相手 | いちよし証券...

 ■「『貯蓄から投資へ』に関する意識調査」の結果について~積立投資は、資産形成のみならず、投資家特性の改善に効果

 ■金融システムレポート(2016年10月号)~金融システムの総合評価、金融機関の収益性低下に伴う潜在的な金融脆弱性...

 ■FACT BOOK 2016 ~2015年の証券市場、株式市場の動向、投資信託市場、証券業界の概況...
掲載日:2016-10-25 発表元:日本証券業協会
キーワード:FACT BOOK | 証券市場 | 証券業界 | 株式市場 | 公社債市場 | 投資信託市場...

 ■国民のNISAの利用状況等に関するアンケート調査(2016年2月)結果報告書
掲載日:2016-10-22 発表元:金融庁
キーワード:NISA 利用状況 | NISA アンケート調査 | ジュニアNISA | 投資信託 | マネープラン | 投資教育...

 ■個人少額貯蓄の地域経済に対する社会経済的な影響
掲載日:2016-10-08 発表元:ゆうちょ財団
キーワード:個人少額貯蓄 | 少額貯蓄 | 預貯金 | 郵便貯金 | 貯蓄行動 | 切手貯金...

 ■内外経済ウォッチ:日本~既往最高の株式配当とトリクルダウン~

 ■国内景気週報(9/26~9/30)~2016年4~6月期資金循環統計(速報、9/26)2016年4~6月期の家計金融資産残高は、2四半期連続で前年比減少...

 ■資金循環統計(2016年4-6月期)~主体により異なるマイナス金利政策導入の効果:金融資本市場

 ■資金循環統計(16年4-6月期)~個人金融資産は前年比31兆円減の1746兆円、目減りが続く:経済・金融フラッシュ

 ■FinTechが切り拓く新しい金融サービスのかたち 第4回 資産形成もサポートする個人金融資産管理(PFM)サービス
掲載日:2016-09-27 発表元:三菱総合研究所
キーワード:FinTechが切り拓く | 個人金融資産管理 | PFM | PFMサービス | 個人 資産形成 | 若者 将来不安...

 ■米バブル市場はサウジアラビアからの一撃で崩壊か 米国が恐れるサウジアラビアの米国債大量売却

 ■投資信託の販売を取り巻く7つの変化 第二回

 ■単身世帯の増加と金融機関に期待される役割

:  1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
 国債管理政策  公的債務管理 リスクマネジメント  少子化対策 住宅ローン  減損会計 情報セキュリティ  産業構造 IT投資  デフレ脱却 政府系金融機関  投資戦略 高齢 雇用  内部統制  ガバナンス  フランス 経済  ドイツ 経済  東欧 経済 ロシア 経済  人材マネジメント  雇用 ミスマッチ  韓国 経済  ASEAN  EPA  量的緩和政策  バーナンキ  企業価値 向上  ブラウンフィールド  土壌汚染  台湾 経済  財政改革  財政再建  企業戦略  医療制度改革  ユビキタス  ICタグ  RFID  イノベーション  地下経済  国内回帰  工場立地  中国市場  インフレ目標  インフレターゲット  中国 リスク  ストック・オプション  経営革新  e-文書法  ITアウトソーシング  ダイバーシティ  団塊ジュニア  所得格差  自動車産業  投資サービス法  東アジア共同体  外国人労働者  SOX法  女性 労働  労働生産性  年金制度  就業形態  日中関係  地域経営  道州制  まちづくり  税制改正  インフルエンザ 経済  ブラジル  予防原則  コンテンツ産業  地域活性化  中小企業金融  地方分権  企業再生  事業再生  経営改革  産業再生機構  景気動向指数  消費者物価指数  電力自由化  消費者信頼感指数  日本経済 復活  景気ウォッチャー調査  地域 格差  新エネルギー  宇宙産業  農政改革  ソフトパワー  格差拡大  貯蓄率  消費動向  病院経営  米国 耐久財受注  LLC  パブリックビジネス  ロングテール  産業クラスター  企業価値  地域ブランド  観光立国  技術経営  行政評価  見える化  地域再生  環境ビジネス  ボーナス 見通し  バイオマス  継続雇用制度  R&D  信用リスク  デリバティブ  政策評価  中国 自動車  CDM  原油 高騰  金融商品取引法  サプライチェーン  ロジスティクス  中国 台頭  排出権取引  セキュリティ対策  CSR 金融機関  大学経営  リレーションシップバンキング  地域金融機関  中小企業 貸出  産業集積  燃料電池  水道事業  期待インフレ率  アジア債券市場  交易条件  ものづくり  子育て  高齢化

お奨めビジネス書
ロジカル・プレゼンテーション〜自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」
エッセンシャル思考〜最少の時間で成果を最大にする
世界一やさしい問題解決の授業〜自分で考え、行動する力が身につく
バリュー・プロポジション・デザイン〜顧客が欲しがる製品やサービスを創る
人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの
速さは全てを解決する〜『ゼロ秒思考』の仕事術
競争しない競争戦略〜消耗戦から脱する3つの選択
世界はシステムで動く〜いま起きていることの本質をつかむ考え方