生産性 国際比較


生産性 国際比較”に関する経済レポート一覧:163

 ■産業別労働生産性水準(2015年)の国際比較【概要】~サービス産業の日米生産性格差は若干縮小するも、対米比5割の状況が続く

 ■産業別労働生産性水準の国際比較:生産性レポート Vol.7

 ■産業別労働生産性の国際比較:水準とダイナミクス

 ■女性の活躍推進に向けた高等教育の課題:JRIレビュー Vol.5,No.56

 ■「イノベーションを通じた生産性向上に関する研究会」報告書

 ■〔講演〕日本の未来を問う:証券レビュー

 ■第69回「日本企業の極めて低い生産性;『独り勝ちのドイツ』とどこが違うのか」:IoT/インダストリー4.0が与えるインパクト

 ■日本経済中期予測(2018年2月)解説資料~人手不足は生産性を上げる好機となるか

 ■サービス化で労働生産性は鈍化するのか?~ICT投資による効果を増大させるカギは、企業のマネジメント力:経済・社会構造分析レポート

 ■日本経済中期予測(2018年2月)~人手不足は生産性を上げる好機となるか

 ■生産性向上と日本経済

 ■個人では超優秀な日本人が、企業体になるとなぜ世界に負けるのか;日本企業の極めて低い生産性の背景に何があるのか:2018年の日本経済を読む

 ■人手不足下の賃金低迷と2018年春闘の課題(1)~正社員賃金が上がらない3つの理由:ビューポイント No.2017-005
掲載日:2017-12-26 発表元:日本総合研究所
キーワード:人手不足 賃金低迷 | 2018年 春闘 課題 | 正社員賃金 | 外国人労働者 | パート | 賃金上昇率...

 ■日本における不平等度の拡大:その特徴と背景:齋藤潤の経済バーズアイ

 ■[緊急リポート]アベノミクス5年と今後の政策課題~長期政権で引き続き目指す日本経済の「真の夜明け」

 ■労働生産性の国際比較 2017年版~日本の時間当たり労働生産性は46.0ドルで、OECD加盟35ヵ国中20位。

 ■生産性向上のための働き方改革~国際比較からのインプリケーション:イノベーションを通じた生産性向上に関する研究会 報告資料

 ■生産性・イノベーション関係指標の国際比較:イノベーションを通じた生産性向上に関する研究会 報告資料
掲載日:2017-12-09 発表元:財務総合政策研究所
キーワード:生産性上昇率 | 労働生産性 | 全要素生産性 | イノベーション | 

 ■日本は経済政策のリバランスが必要:金融市場

 ■スマートワーク経営研究会 第4回要旨 「日本の生産性水準とICT」

 ■国際比較では低い日本の生産性~目指すのはアメリカ型でよいのか?:Economic Trends

 ■コーポレートガバナンスと中小企業~中小企業の生産性向上を促す「攻めのガバナンス」

 ■スタートアップ企業の拡大:イノベーションを通じた生産性向上に関する研究会

 ■わが国の株式投資は投資家の期待に報いることができるか

 ■生産性向上につながる人材投資改革~職業教育と人材管理のリンケージを:リサーチ・レポート No.2017-005

 ■カーボンプライジングに関する諸論点

 ■2020年代の日本経済~活路は生産性の向上にあり:日本経済の中期展望

 ■世界経済・貿易投資動向等に関する調査

 ■人手不足下で建設投資の更新需要は実現可能か~生産性改善に加えて、働き手の確保が必要不可欠:みずほリポート

 ■2017年版 中小企業白書

 ■日本経済見通し:日本経済再生にとって今なぜ働き方改革が重要か?。長時間労働の是正は生産性の向上を伴うことが重要
掲載日:2017-04-21 発表元:大和総研
キーワード:2017年 日本経済見通し | 日本経済再生 | 働き方改革 | 長時間労働 是正 | 生産性向上 | 労働規制...

 ■長期地球温暖化対策プラットフォーム報告書(案)~我が国の地球温暖化対策の進むべき方向
掲載日:2017-04-07 発表元:経済産業省
キーワード:日本 地球温暖化対策 | 長期戦略 | 国際貢献 |  | GVC | カーボンニュートラル...

 ■マクロ統計から見る観光経済の現状と課題:観光研究の課題と展望

 ■MIZUHO Research & Analysis no.9:持続的成長に向けた「働き方改革」の必要性

 ■持続的な企業価値の向上に不可欠な無形資産投資:コーポレート・ファイナンス

 ■2020未来開拓調査研究事業 全体報告書:平成27年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備【ファイル容量:約35MB】

 ■アジア諸国における製造業に係る産業構造やサプライチェーンの現状と傾向に関する調査:平成27年度新興国市場開拓事業

 ■労働生産性の国際比較 2016年版~1人当たり労働生産性は78,997ドル(832万円)。順位は、OECD加盟35カ国中22位

 ■日米産業別労働生産性水準比較~直近の日本の労働生産性水準は、製造業で米国の7割(69.7%)、サービス産業で5割(49.9%)。

 ■働き方改革を通じた労働生産性の向上~日本人の意識変革の契機となる高度外国人材活用:成熟国家日本の生産性向上策

:  1    2    3    4    5    :次へ
 
注目キーワード別経済レポート:
 国債管理政策  公的債務管理 リスクマネジメント  少子化対策 住宅ローン  減損会計 情報セキュリティ  産業構造 IT投資  デフレ脱却 政府系金融機関  投資戦略 高齢 雇用  内部統制  ガバナンス  フランス 経済  ドイツ 経済  東欧 経済 ロシア 経済  人材マネジメント  雇用 ミスマッチ  韓国 経済  ASEAN  EPA  量的緩和政策  バーナンキ  企業価値 向上  ブラウンフィールド  土壌汚染  台湾 経済  財政改革  財政再建  企業戦略  医療制度改革  ユビキタス  ICタグ  RFID  イノベーション  地下経済  国内回帰  工場立地  中国市場  インフレ目標  インフレターゲット  中国 リスク  ストック・オプション  経営革新  e-文書法  ITアウトソーシング  ダイバーシティ  団塊ジュニア  所得格差  自動車産業  投資サービス法  東アジア共同体  外国人労働者  SOX法  女性 労働  労働生産性  年金制度  就業形態  日中関係  地域経営  道州制  まちづくり  税制改正  インフルエンザ 経済  ブラジル  予防原則  コンテンツ産業  地域活性化  中小企業金融  地方分権  企業再生  事業再生  経営改革  産業再生機構  景気動向指数  消費者物価指数  電力自由化  消費者信頼感指数  日本経済 復活  景気ウォッチャー調査  地域 格差  新エネルギー  宇宙産業  農政改革  ソフトパワー  格差拡大  貯蓄率  消費動向  病院経営  米国 耐久財受注  LLC  パブリックビジネス  ロングテール  産業クラスター  企業価値  地域ブランド  観光立国  技術経営  行政評価  見える化  地域再生  環境ビジネス  ボーナス 見通し  バイオマス  継続雇用制度  R&D  信用リスク  デリバティブ  政策評価  中国 自動車  CDM  原油 高騰  金融商品取引法  サプライチェーン  ロジスティクス  中国 台頭  排出権取引  セキュリティ対策  CSR 金融機関  大学経営  リレーションシップバンキング  地域金融機関  中小企業 貸出  産業集積  燃料電池  水道事業  期待インフレ率  アジア債券市場  交易条件  ものづくり  子育て  高齢化

 
生産性 国際比較関連の本
スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術
問題解決プロフェッショナル「思考と技術」
仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法
マッキンゼー式 世界最強の問題解決テクニック
仕事を成し遂げる技術―ストレスなく生産性を発揮する方法